皆さんは、アイブロウは何を使って描かれていますか?

私は若いころからずーっとペンシルだけを使っていたんですが、最近、パウダータイプのアイブロウで眉を描くようになりました。
使っているのは、オルビスさんの「ブレンドアイブローコンパクト」です。

え、今更?って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、若い頃からペンシルに慣れていると、コンパクトタイプってすっごくハードル高く感じるんですよ(; ・`д・´)
だってなんか難しそうじゃないですか、既に生えている部分に描き足すのって。アイシャドウと違って!
上手くグラデーションにできなさそうで敬遠していたんですけど、垢抜け眉を描くために、コンパクトで眉を描くことに挑戦してみました。

すると。

えぇっ、コンパクトってこんなに簡単に使えるのΣ( ̄□ ̄;)!?」と、結構なショックを受けた次第です。
ペンシルで描くより全然キレイに眉を仕上げることができることに、驚きつつも長年ペンシルだけで描いてきた自分にため息が出ました…

今回はオルビスさんの「ブレンドアイブローコンパクト」をご紹介しつつ、眉メイクについて言及してみたいと思います!
眉って顔の中でもかなり重要なパーツなので、眉メイクが上手くいかなーいとお悩みの方や、コンパクト初心者の方は是非参考にしてみてください♪

>>>オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」

Contents

Advertisements

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」のここがイイ①付属のブラシが優秀!眉尻と眉頭で使い分けてより美眉に

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」

事前にチェックした口コミでは賛否両論があった付属のブラシですが、私個人の感想としては、とても使いやすくて描きやすい!です。

まずは硬い方のブラシで眉の中央~眉尻を描くのですが、硬いといってもガチガチではなく、しなやかさがある硬さなので、思った通りにスーッと眉尻を引けました。

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」

ぐっと押し込んでも上の写真のようにそこそこ広がるので、パウダーもきちんと乗ってくれます。

反対側の柔らかいブラシの方も、とても細かいブラシでパウダーがふんわりと乗ってくれます。

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」

このまますぐに眉にパウダーをオンしていくのではなく、一度手の甲にぽんぽんと当てて余計なパウダーを落とすとつけすぎの失敗がなくなるのでオススメ(^-^)b
手の甲に移ったパウダーは微調整用にも使えるので、一発勝負のペンシルより使い勝手が良いです。
眉頭もふんわりとぼかしやすく、キリリッとしすぎないふんわり眉を作ることが出来ました(^▽^)

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」のここがイイ②色の重ね方次第で何通りものカラーが出せる

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」
(画像引用元:オルビスオンラインショップ

「ブレンドアイブローコンパクト」は、たった3色だけのパレットですが、そのカラーの組み合わせや濃さによって様々なカラーを出せるのも良いポイント!
髪の色や瞳の色に合わせて調節できるので、ペンシルとは違って使い勝手が良いと言われるのはこういう所にあるんですね。

髪の色や瞳の色なんてそうそう変わるもんじゃないから、アイブローも1色で十分という方も多くいらっしゃるとは思いますが、例えばヘアカラーをしたり、カラコンを入れたりすると、いつもと同じカラーの眉では浮いてしまいますよね。
そういう時にも買い直さずに対応できるのが、複数カラーのパレットがついたコンパクトタイプなんです。

私も母親の遺伝で若白髪が結構あり、3ヵ月~半年に1回は髪を染めています。
いつもはブラウン系のアイブローを使っていますが、染めたては結構髪色が明るいので、ブラウン系でも眉だけ濃く見えることがあるので、もう1段階明るいブラウン系カラーを買い直したりしていました。
でもこれからはこの「ブレンドアイブローコンパクト」があれば、髪を染めても買い直さずに済みそうです♪

黒寄りの髪色にもよく合う“ナチュラルブラウン”

私は目が出目で大きく、普段から余り濃くなりすぎないように気を付けてアイメイクをしているため、アイブローもブラウン系を使用していました。
私が使っている「ナチュラルブラウン」は、最初パレットを開けてみたときは「明るすぎないか?」と心配していたのですが、いざ使ってみると黒髪にもよく馴染む絶妙カラーでした!
普通に使えば明るい茶色になりすぎず、すごく自然なカラーになります(^^)
あとは髪を染め直したときにちょっと調整して使ってみたらいいかなという思いです。

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」のここがイイ③眉を2部分に分けて色を重ねるだけの簡単テクニックで美眉が描ける

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」

オルビスさんによると、眉の描き方は、眉を中央から前後の2部分に分け、後ろ半分から描き始めるのだそうです。

基本としては、

  1. パレットの濃色と中間色をミックスさせ、硬い方のブラシで眉の中央から眉尻を描く
  2. パレットの淡色と中間色をミックスさせ、柔らかい方のブラシで眉頭から眉の中心に向かって描く
  3. 淡色を瞼の上のくぼみ辺りに薄ーく入れて、ノーズシャドウとする

という行程。

各カラーは馴染みも良く、グラデーションはとても簡単に作れます。
美しい眉を描くにはコンパクトの他にペンシルタイプのアイブローや眉マスカラなども必要とされていますが、オルビスさんの「ブレンドアイブローコンパクト」ならこれ1つでしっかり美しい眉を描けます。

初めてコンパクトを使って描いてみた眉がこちら

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」

まずは試しと思い、手の甲に眉を描いてみました。
輪郭やガイドなしでパウダーとブラシだけで眉を描くなんて初の試みでしたが、とても美しいお手本のような眉を描くことが出来てビックリ!!Σ( ̄□ ̄;)
コンパクト初心者でもこんなに美しい眉を描けるんですね!

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」のここがイイ④悪目立ちしないライトカラーのノーズシャドウ

ノーズシャドウって入れるの難しいから、普段は入れることはほとんどないのですが、この「ブレンドアイブローコンパクト」のライトカラーはノーズシャドウにも使えるとのことなので、折角なので挑戦してみることに。

ライトカラーと言ってもそこそこ色が着いているから、結構しっかり入っちゃうのでは?と心配したのですが、入れてみると案外カラーがわからず、拍子抜けしました。
でも遠目で見ると確かに鼻と目に立体感があり、彫の深さを演出してくれているのがわかりました。

眉のカラーと同じ色味を使っているので、シャドウだけ悪目立ちしないからとても使いやすいです。これなら自然にキレイな陰影を作れるなぁと感動しちゃいました!

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」のここがイイ⑤眉に溶け込むフィット感、汗水に強く一日中美眉をキープ

「ブレンドアイブローコンパクト」には、「なめらか密着パウダー」という感触・密着性向上成分が配合されています
これにより、“パウダーを乗せました”“眉を描きました”感がない、とてもナチュラルな眉を描くことができるようになっているのだそうです。

また、オルビスさんの「ブレンドアイブローコンパクト」がオルビスユーザーさんの方々から厚い支持を受けている理由の一つに、“落ちにくい”という点が挙げられます。
アイブローって気づいたら消えていること、結構ありますよね(^^;) 海やプールで泳いでいたら落ちてしまったというのはまだ納得できますが、汗や皮脂なんかでも消えてしまいますし、前髪を下ろしていれば前髪で擦れて消えてしまうことも多々あります。
その点、「ブレンドアイブローコンパクト」は眉が消えにくい汗水に強い設計になっているので安心です。

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」のまとめ

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」

  • 眉を2つに分けて2色ずつ混ぜて重ねるだけなので、初心者でも簡単に美眉を描ける。
  • 眉頭はふんわりと、眉尻までしっかりと描ける優秀なブラシ。
  • ライトカラーはノーズシャドウにも使える。眉のカラーと同じ色味で馴染みが良い。
  • 眉に溶け込むフィット感で、“描きました”感のないトレンドのふんわり眉が実現。
  • 汗水に強く長時間美眉をキープできる。
  • 持ち運びしやすい薄型コンパクト設計ながら、持ちが良くコスパもいい。

コンパクトタイプを初めて使ってみて思ったことは、こんなにキレイなふんわり美眉を描けるならもっと早くから使っておけばよかった!ということです。
そして特にオルビスさんの「ブレンドアイブローコンパクト」なら、簡単に美眉を描けるし、初心者でも無理なく使えると思います。初めて使った私が言うんですから、間違いないですよ(^▽^)/

キレイな眉を描けないとお悩みの方、コンパクトタイプは初心者という方、是非一度使ってみてくださいませ♪

>>>オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」の口コミは?

オルビスさんの数あるアイテムの中でも評価の高い「ブレンドアイブローコンパクト」、その口コミをチェックしてみましょう。

  • 説明書きの通りに使ってみると、とても簡単に眉を仕上げることが出来ました。上手く色を混ぜ合わせることができないんじゃないかなと心配していたのですが、塗ってみるととても自然な陰影ができてビックリ!コンパクト初心者でもこんなに簡単に使えることに驚きです。 (30代前半/ナチュラルブラウン)
  • 70代の母にプレゼントしました。パウダーだとぼやけた印象になるのでは?と心配だったようですが、眉尻のラインがはっきりきれいに出るのとぼかしが簡単にできるという点が気に入ってくれたようです。(30代後半/ナチュラルブラウン)
  • 色も自分の眉の色に合わせて混ぜて調節して使えるので今までより自眉との色味の差もなくなりました。もっと早く使ってみたらよかったと思います。(30代前半/ナチュラルブラウン)
  • 3色あるので、髪色に合わせやすいです!何より落ちにくくて、夕方になってもしっかり残っています!パッケージもシックで綺麗で、お気に入りです。(20代前半/ナチュラルブラウン)
  • 今まではグレーとブラウンのアイブローを混ぜて使っていましたが、これは1箱でグラデーションになっているので、便利です。3色を適宜混ぜて使えるので、眉がしらが真っ黒のいかつい眉にならない。ノーズシャドーを初めて使っていますが、これも鼻筋が立体的になっていいです。(60代以降/チャコールグレー)
  • パウダータイプは苦手で、この商品も半信半疑で買ってみたのですが、すごく良いです。ペンシルより描きやすい!!自然な仕上がりになります。 (30代後半/ナチュラルブラウン)
  • ナチュラルソフトな太眉が簡単にメイクできます。色の配分もちょうどよく、偏って減らないのが嬉しいです。そして、パウダーなのに本当に落ちにくい!たくさん汗をかいても、少しくらい水を浴びても大丈夫!タオルで押さえるくらいなら1日キープ出来ます。(40代前半/チャコールグレー)

多くの方がカラー調整がしやすい落ちにくいといった点で高評価していらっしゃいました。
そして年齢層も幅広く、長年愛用されている方が多いことも窺えました。
中には他社のものも色々使ってみたけれどオルビスさんが一番!という方もちらほらと(^^)

一方で、ブラシはちょっと使いにくいという点で少し不満もあるようで、ブラシだけ別物を使用しているという方もいらっしゃいました。
(「ブレンドアイブローコンパクト」のブラシは付属品で、単品販売はされていません。)
逆に使いやすいという方もいらっしゃるので、こればかりは使った人それぞれの感想になる感じですね。

>>>オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」の基本情報

オルビス ブレンドアイブローコンパクト
オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」価格:税込¥1676
カラー:2色
詰替え:なし

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」の配合成分

オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」

【ナチュラルブラウン】
マイカ、タルク、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ポリメタクリル酸メチル、ジメチコン、シリカ、リンゴ酸ジイソステアリル、ヒアルロン酸Na、ラウロイルリシン、スクワラン、トコフェロール、パーフルオロオクチルトリエトキシシラン、メチルパラベン、プロピルパラベン、+/-:酸化鉄、酸化チタン、水酸化Al、グンジョウ

【チャコールグレー】
マイカ、タルク、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ポリメタクリル酸メチル、ジメチコン、シリカ、リンゴ酸ジイソステアリル、ヒアルロン酸Na、ラウロイルリシン、スクワラン、トコフェロール、パーフルオロオクチルトリエトキシシラン、メチルパラベン、プロピルパラベン、+/-:酸化鉄、酸化チタン、水酸化Al、グンジョウ

>>>オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」

人の顔印象の8割は眉で決まる!? 自分に合った眉を描くだけで美人度アップ!

メイクをする上で重要なパーツと言えば、皆様はどこを思い浮かべますか?
美しい素肌に見せたいベース、とにかく目を大きくするアイライン、ぷっくりつややかな唇などなど、人によって様々だと思います。

ウェブ上で公開されているアンケートなどを見てみると、一般回答で最も多いのは「目」だそうです。
会話をする際、目を見て話す人が多いということで、やはり皆さん気になるパーツではあるんですね。

でも、実際の顔印象を決めるパーツは、目よりももう少し上にある「眉」なんだそうです。
なんと、眉だけで顔印象の約8割は決まってしまうのだとか!めちゃくちゃ重要なパーツですね(>_<)

眉の黄金比には4つのポイントがある

眉を美しく描く上で、以下の4点を押さえておくと上手くいくと言われています。いわゆる、“黄金比”というものですね。

  • 眉頭:目頭の真上から始まる。
  • 眉尻:小鼻と目尻の延長線上にある。
  • 眉山:白目の終わりの真上に描く。
  • 眉頭・眉尻:水平な一直線上に描く。

眉の描き方を特集している雑誌や記事でもよく見かけるポイントですよね。
これさえ押さえておけば、あとはなりたい印象で眉の描き方が変わってきます。
優しげな雰囲気にしたいならふんわりとしたアーチ眉、キリッとした印象なら太目のストレート眉にするなどですね。
服装や髪形、あるいは場面でも変わってくるでしょうか。

眉は剃る?抜く? ケアの注意点

眉の形を整えるのに、カットをしたり抜いたり剃ったりすることがあるかと思いますが、余り頻繁にやりすぎると目の周辺の肌にダメージが出てくることごご存知ですか?
特に眉毛を“抜く”と、目の周辺の肌のハリの低下につながり、将来的にまぶたがたるんでくると懸念されています。

抜いてそのままだと毛穴がぽっかりと開いた状態になり、そこから水分が蒸発し、乾燥しやすくなります。
アイメイクのカスが入り込んで炎症を起こしてしまったり、乾燥から肌荒れを生じてしまう危険性も高くなります。

美しい眉の形に整えることは女子として必要ではありますが、整えるだけに終わるのではなく、保湿などのアフターケアも重要です。
抜いたり剃ったりした後は、すぐにお肌に充分な水分を与え、乾燥や肌荒れから肌を守るようにしましょう(^-^)b

また、日頃からアイケア用のスキンケアアイテムもプラスで使っておくのも効果的ですよ!

>>>オルビス「ブレンドアイブローコンパクト」

オルビスのポイントメイク用品のレビュー記事