今まで色々とクレンジングを使ってきて、ここ暫くはオルビスさんの「クレンジングジェル」にハマっていたのですが、久々に「クレンジングリキッド」を使ってみたら、「え、こんなに洗い上がり良かったっけ!?」とビックリしていまいました!
お陰で今やすっかりジェル→リキッド派です(^-^)v

実はこっそりとボトルも新しくなっているんですよ(^-^)b
より使いやすくなった「クレンジングリキッド」、レビューを交えて改めてその魅力をご紹介します!

>>>オルビス「クレンジングリキッド」

Advertisements

オルビス「クレンジングリキッド」のここがイイ①100%オイルカットでヌルつかないリキッドタイプ

オルビス「クレンジングリキッド」

オルビスさんの全アイテムの中でも14年連続人気No.1を誇る不動の人気アイテム「クレンジングリキッド」。
その人気の秘密はメイク落ちにももちろんありますが、何と言っても「感触の良さ」にあります。

メイクがよく落ちるクレンジングと言えばオイルタイプが一般的ですが、
オイルタイプは油分独特のヌルつきと強すぎる洗浄力による乾燥肌が懸念されます。
濃ゅいメイクの時には重宝しますが、普段のメイクを落とすにはちょっと負担がかかり過ぎるのが難点です。

それに対しリキッドタイプは、ベースがほぼほぼ「水」なので肌への負担が少ないのがイイところ。
とろんとしたテクスチャはオイルのようにヌルつかず、洗い上がりもさっぱりとするのが特徴的です。

オルビスさんの「クレンジングリキッド」は、そんなさっぱりとしたリキッドタイプにさらに「100%オイルカット」が加わることで、洗い上がりのスッキリ感がよりアップしています。
↑の写真の通り、オイルベースではなく水ベースなので、振ると水のような泡立ちが起きるんですよね。

美容液のようなサラサラなとろみのテクスチャでスーッと肌に伸び、メイク汚れを素早く落としてくれます。
また、成分の30%以上が素肌のうるおいを保つ保湿成分で出来ているので、洗い上がりはさっぱりとしながらもお肌のうるおいを守ってしっとりとします。

美容液成分がたっぷり入った「クレンジングジェル」の洗い上がりがもっちりぷるぷるなら、「クレンジングリキッド」はしっとりつるつるという感じですね(^-^)b
タオルで水気をオフした後、思わず鏡を見入ってしまう肌状態に感動を覚えますよvv

オルビス「クレンジングリキッド」のここがイイ②ウォータープルーフマスカラも落ちる抜群の洗浄力!

クレンジングでのメイク落としで重要なのは洗浄力。
強すぎる洗浄力は肌に負担がかかるので困りますが、それでもメイクはしっかりと落とし切りたいですよね。

オルビスさんのクレンジングリキッドは、メイク落ちの良さにも定評があります。
メイクとの馴染みがとても早く、力を入れなくてもスルスル~っとメイク汚れが落ちていきます。

たとえばこんな感じのメイク↓

オルビス「クレンジングリキッド」

これをクレンジングリキッドで落としていく過程を見てみると・・・

 

クレンジングリキッドを乗せた後、軽く指でくるくる~と馴染ませただけで真ん中の写真の状態になります。
マスカラの色が滲んでグレイになっているのを見ると、マスカラもよく落ちているのがわかりますね(^▽^)
3枚目のメイクを落とし切った写真の通り、ウォータープルーフマスカラもキレイさっぱりと落ちています。

一応オルビスさんの公式情報では、クレンジングリキッドはウォータープルーフ対応にはなっていないようですが、
使用されている多くの方も仰っているとおり、ウォータープルーフ系のメイクアイテムもちゃんとキレイに落とせます。

メイクの落ち切った肌はしっとりつるつるで、ふにふにと柔らかくもあり、手触りがとても良いです。
いつまでも触れていたくなるような感触なので、オルビスさんのクレンジングリキッドを使うと他には浮気できない!という方も多くいらっしゃいます(^-^)
でもその気持ちすごくわかるー“0(≧▽≦)0”

>>>オルビス「クレンジングリキッド」

オルビス「クレンジングリキッド」のここがイイ③新しくなったポンプで使い勝手も保管も◎

オルビス「クレンジングリキッド」

オルビスさんのクレンジングリキッド、実はちょっと前に容器がリニューアルされています。
透明感のあるシンプルなボトルはほとんど変わっていないのですが、ポンプ部分がより使いやすくなりました!

お風呂場など濡れた手でも滑らないように、上部に指のすべり止めがついています。
面積もより広くなって押しやすくなりました。
また、片手でも無理なくスムーズに押し込める軽いポンプにもなっているようです。

でもにゃんが注目したいのは先端部分、リキッドが出てくるところ。

オルビス「クレンジングリキッド」

この先端部分って、一般的にはストレートになっているモノや短いものが多いように思います。
リキッドタイプやオイルタイプのクレンジングはベースが液体なので、使った後この先端からポタポタと垂れ落ちていることがあるんですよね。

でもこの新しくなったポンプだと、そのポタ落ちが全然ないんです!

なんで垂れ落ちないのかな~?と思って、垂れ落ちてて困っていたボトルと比べてみたところ、次の点で違いがありました。

  1. 本体に繋がっている部分が若干上向きになっている
  2. その後緩やかにカーブを描いて先端が下を向いている
  3. 全体の長さがあり、液体ベースがゆったりとした流れ方をするので垂れにくい

同じような形の先端部分のボトルと比べてみると、特に③の点が大きく違いました。
まぁ後は中の液体ベースのとろみ加減も関係してくるのかな?サラサラ過ぎずとろとろ過ぎずという絶妙なバランスが垂れ落ちを防止しているんだと思います(^-^)

でもリキッドが垂れ落ちてこないというのは結構重要ポイントですよね?
保管しておくときに、ポタポタ垂れ落ちていると棚とかが汚れてしまうので困ります。
その傍に洗顔料とか並べて置いていて、垂れ落ちたリキッドが洗顔料の下に入り込んでペタペタになるということがこれまであったので、いつももやもやしてたんですよね(^^;)
保管もしやすいというのはやっぱり大事です!

メイク落ちも洗い上がりも良くて保管も快適なオルビスさんのクレンジングリキッド、使ってみたら病み付きになる事間違いナシです(^▽^)
まだ使ったことがないという方、是非一度お試しあれ!

>>>オルビス「クレンジングリキッド」

クレンジングのレビュー記事