最近、お酢苦手の主人が「黒酢を飲んでみたい」と言い出したので、どんなものなら飲みやすいのかなど色々調べていました。
酢の物どころか、酢飯も、ちょっと酸味の効いた酢豚も苦手な人なので、ほとんどお酢を感じられないものでないと飲めないと思うんですよね(´-ω-`)

で、色々探ってみてコレがいいかも、と行きついたのが、私が大信頼を置いているオルビスさんの「ドリンクビネガー」でした。

しかも丁度良いタイミングで、“信州白ぶどう味”という新味が発売になったので、こちらに即決。
私も飲むお酢っていうのはちょっと興味あったので、夫婦で楽しませて頂きました(^▽^)

今回はオルビスさんの「ドリンクビネガー」のご紹介&レビューをしつつ、お酢のもたらす健康・美容効果についても言及してみたいと思います♪

>>>オルビス「ドリンクビネガー」

Advertisements

オルビス「ドリンクビネガー 信州白ぶどう味」のここがイイ①厳選された産地指定の国産果汁のみを使用

オルビス「ドリンクビネガー」

オルビスさんの「ドリンクビネガー」は、現在、“信州赤ぶどう味”と新味の“信州白ぶどう味”の2種類が販売されています。
本当は“青森りんご味”というものもあったのですが、こちらは完売してしまったようです。残念。

【2020年9月30日 追記】現在は全種類の販売を終了しています。

「ドリンクビネガー」に用いられている果汁は、“信州”や“青森”とついているように、その産地で獲れた果実の果汁を使用しています。
つまり、国産の果汁だけを使用しているということです(^-^)b

巷には様々な果実酢が出回っていますが、使用している果実の原産地って結構外国のものが多いんですよね。
外国のものが悪いってわけではないのですが、品質管理や衛生面を考えると、やっぱり国産ってレベルが高いから安心度が違います。

オルビス「ドリンクビネガー 信州白ぶどう味」のここがイイ②はちみつによる自然な甘さ酸っぱくない

オルビス「ドリンクビネガー」

お酢は酸っぱいものというのが常識ですが、「ドリンクビネガー」は飲みやすさにもかなりこだわられています。
小さいお子さんでも飲めるよう、“はちみつ”を配合することでほんのりとした自然な甘さを出し、お酢の酸味を抑えています
人工甘味料ではなく、はちみつという自然由来のものが使用されている点でも安心して飲むことができますね。

また、肝心のお酢は米黒酢を採用しています。黒酢は他のお酢と比べてもまろやかで飲みやすく、上質なお酢です。
さらに、砂糖・保存料・着色料は一切使用していないとのこと。
どこまでも自然の味わいに重きを置かれた、こだわりの飲料酢になっています。

※はちみつ配合ということなので、1歳未満の乳児には与えてはいけません。

オルビス「ドリンクビネガー 信州白ぶどう味」のここがイイ③高級感溢れるボトルデザイン

オルビス「ドリンクビネガー」

まずは届いたときにパッケージが豪華だったのに驚きました。
外装の箱に白ぶどうがどーんとプリントされており、“箱入り”という高級感が!

オルビス「ドリンクビネガー 信州白ぶどう」

そして中身を取り出してみると、ネット上やカタログ上で見るよりも高級感のあるデザインのボトルでした。
我が家は夫婦そろってお酒は嗜まないので、あんまりこういう高級酒っぽいデザインに触れることがないので新鮮な気持ちで手に取ることが出来ました(^-^)

オルビス「ドリンクビネガー 信州白ぶどう味」は炭酸割がオススメ!

オルビス「ドリンクビネガー」

開栓したらお酢の匂いがぶわっと襲ってくるかと思っていたのですが、意外にもお酢の香りは全然漂ってこず、「あれ?」と思って瓶に鼻を近づけて直で匂いをかいでしまいました(笑)
でもお酢の強い香りに襲われず、濃厚な白ぶどうの香りが真っ先に香って、すご~く癒されました(´∀`*)
暫くするとその周辺にも香りが漂い、白ぶどうの香りが消える頃にお酢の香りが広がってきました。

飲み方は、お酢15mLを水などで4倍に薄めて飲むのだそうです。
15mL=大さじ1杯ですね。細かいことだけど、計りやすい量なのもいい。

目安は1日15mL~30mLなので、1・2杯ってところですね。
300mL入りなので、毎日飲んで10日~20日分になります。

割るものについては、口コミを見ると皆様色々な飲み方をされていましたね。
スタンダードに水割・炭酸割、一風変わったところでは牛乳や豆乳、ヨーグルトで割っている方も。
牛乳とかで割るとラッシーっぽくなるらしいです。

オルビス「ドリンクビネガー」

主人は酸味のある牛乳に余程イヤな思い出でもあるのか、「牛乳割だけは勘弁してくれ」と言ってきたので、我が家ではスタンダードに炭酸割で楽しませて頂きました。
お酢の味はほとんどせず、スパークリングのぶどうジュースという感じで、すっごく美味しかったです!
後味にほんの~りお酢の酸味が来ますが、お酢苦手の主人も気にならない程度なので、本当にジュースって感じでした。

飲み始めて変わったこと・気づいたこと

元は黒酢を飲んでみたいと言った主人のために購入したものなので、我が家では主人が寝る前に飲むという生活が続いています。
飲み始めの頃は特に身体の変化は感じませんでしたが、酷く疲れた日の夜に飲んで寝ると、翌朝にスッキリと目覚めて身体も軽いと言っていました。

また、私が気づいた変化としては、酷く疲れた日の眠りは大抵いびきをかいていた主人が、眠りの質も良くなったのか、そんな日でもぐっすり深い眠りについているように感じました。
血流促進効果で身体がぽかぽかしてイイ感じに眠れているのかもしれませんね(^-^)
そんな主人を私は湯たんぽ代わりに寝ています(笑) 

>>>オルビス「ドリンクビネガー」

オルビス「ドリンクビネガー」のまとめ

オルビス「ドリンクビネガー」

  • 厳選された産地指定の国産果汁のみを使用
  • 米黒酢採用、はちみつ配合で飲みやすい
  • 濃厚でフルーティー、酸味はかなり薄い
  • 水割・炭酸割・牛乳割・豆乳割・ヨーグルト割など色々なアレンジが効く

市販の飲むお酢は結構酸味が強く、お酢が苦手な方はなかなか飲みづらいようですが、オルビスさんの「ドリンクビネガー」は、本当に酸味が弱くて自然な甘みがあってとっても飲みやすかったです。
香りもフルーティーですし、アレンジも幅広く利くのもイイところ。
飲みやすいお酢をお探しの方、是非試してみてくださいませ(^▽^)

>>>オルビス「ドリンクビネガー」

オルビス「ドリンクビネガー」の口コミは?

オルビス「ドリンクビネガー 信州白ぶどう味」

お酢が苦手な主人のための購入だったので、今回は口コミをかなりしっかり読み込ませて頂きました。

  • え、本当にお酢?というくらいお酢の味は薄く、白ぶどうのスパークリングという感じで驚きました。後味にほんのりお酢の味わいが出ますが、酸っぱさは全然気になりません。 (30代前半)
  • 本当にぶどうジュースの感覚で飲めます。私は炭酸水で薄めてますが、お酢の味はほとんど感じません。けれども、飲むとすぐにめぐりが良くなったのか、体温がちょっと上がったような感覚があります。(50代後半)
  • 酢のつーんとしたような感じは全くなく、ジュースのようにとても飲みやすいです。なので、酸っぱさを期待すると物足りないと感じるかもしれません。(30代後半)
  • 酢が体に良いのは分かっていても、市販の物を薄めて飲んでも苦手で続かなかったですが、オルビスのこれは本当に飲みやすい!というか、あまりにも酢を感じなくてただのぶどうジュースです(笑)(20代後半)
  • そこらで売っている安い市販品はお酢が苦手な私には飲みづらいのですが、こちらは美味しく頂けます。豆乳や牛乳で割るとさらに美味しいジュース感覚でぐいぐい飲めちゃいます。 (30代前半)
  • 赤ぶどうのフルーティーなフレーバーが、口の中に広がります。酸味(すっぱいもの)が苦手なので、ちょっと心配?でしたが、「信州産赤ぶどう果汁」が入ったコチラ、はちみつもブレンドされていて、まろやかで飲みやすいお味です。(50代後半)

多くの方が「酸味がまろやか」「酸っぱさを感じない」「ジュースのよう」だと仰っていました。
子供でもゴクゴクいけるという声もあり、幅広い年齢層でウケているのが伝わってきました。
口コミを上げてくださっている方々が口をそろえてそう仰るなら、これは間違いなく酸味の弱い飲みやすいお酢なんだと信じて、今回の購入に至りました(^▽^)

>>>オルビス「ドリンクビネガー」

オルビス「ドリンクビネガー」の基本情報

オルビス ドリンクビネガー

※販売終了

原材料一覧

オルビス「ドリンクビネガー」

ぶどう(長野県)、はちみつ、ぶどう酢、米黒酢 <添加物>香料

本当に自然由来のものばかりで出来ているんですねー。シンプルです(^-^)

>>>オルビス「ドリンクビネガー」

お酢って何がどう良いの? お酢の効果・効能、種類、デメリットのまとめ

 

健康志向の高い方がよく摂り入れている食品と言えば、お酢。
一時期はかなりの飲むお酢ブームにもなり、デパートなどでも専門店が出店していたりしていましたよね。
お酢ブームは今でもずーっと続いていますが、“お酢=身体に良い”ということだけが先走りしていまい、ぶっちゃけ何がどう良いのかまでは知らないという方も少なくはありません。
というわけで、お酢って何がどう良いの?というのをまとめてみました。

お酢の効果・効能

まずはお酢を摂り入れることで得られる効果・効能から見てみましょう。これが一番気になるところですしね。

お酢の効果・効能は、代表されるもので以下のようなものがあります。

  • ダイエット効果
    お酢に含まれる「酢酸」が脂肪の蓄積を抑え、「クエン酸」が脂肪をエネルギーに変えて消費し、「アミノ酸」が脂肪の燃焼を促す働きを有する。
  • 疲労回復効果
    お酢に含まれる「クエン酸」と「アミノ酸」が疲労の回復スピードを速める。
  • 血糖値の上昇を抑える
    特に“酢たまねぎ”は、摂り続けることで糖尿病を改善させたという報告もある。
  • 抗菌作用
    細菌の繁殖を抑制する。大腸菌やサルモネラ菌にも効果がある。
  • 腸内環境の改善
    お酢に含まれる「酢酸」が悪玉菌の増殖を抑制。便通にも効果があり、便秘対策にもなる。

どれもヒトにとって欠かせない嬉しい効果ばかりです。

女性の場合なら特にダイエット効果や腸内環境の改善はかなり嬉しい効果なのではないでしょうか。
腸内環境が改善されれば、自然とお肌の色つやも良くなってきます。吹き出物も出にくくなるので、美肌効果も期待できますね(^▽^)

その他、血流の促進効果もあるそうなので、血色の良い肌にもなれますし、冷え性の改善にも繋がります。いいこと尽くめ!

お酢の種類

 

お酢は大きく分けて、

  • 醸造酢
  • 合成酢

ここからさらに、主原料によって、

  • 穀物酢
  • 果実酢

に分かれます。

一般的に、健康や美容目的で飲むお酢は「醸造酢」が良いと言われています。
お酢ならではの酸味を求めるなら「穀物酢」、逆に飲みやすさを重視するなら「果実酢」がオススメです。

但し、飲みやすさというのは人それぞれなところもありますので、選ぶ際は、メーカーやブランドが謳う文句より、多くの口コミなどを参考にする方が良いです。
私もCMなんかでよく見かける果実酢が飲みやすいんだろうなって思っていたんですけど、よくよく調べてみたら市販の果実酢は結構酸っぱいとの口コミが多く、お酢が苦手な人には余り向かないとか。
量もいっぱい入っていて安くていいなーとは思うんですけど、飲めなきゃ意味ないですもんね(^^;)

お酢の摂りすぎはかえって良くない

健康や美容のためになるならお酢をたくさん摂取したくなりますが、実はお酢の摂りすぎはかえって身体に害を及ぼすと言われています。
お酢の中に含まれる「酢酸」成分は、摂り入れすぎるとその酸の力で歯を溶かしてしまったり、胃痛を引き起こしてしまうことがあるのだそうです。
そのため、飲むお酢でもストレートで飲まずに何かと割って飲むのが推奨されていますし、一日の摂取目安量というものが設定されています。
何事においてもそうですが、程々にということですね。

>>>オルビス「ドリンクビネガー」

オルビスの健康食品のレビュー記事