その人の見た目印象をガラっと変える顔のパーツといえば、「眉」!
描き方一つで色々な表情になれる分、間違った形や色を選択してしまうと残念な結果にもなりやすい、意外に気を遣うパーツですよね。

そろそろ春に向かっていく中、メイクも春仕様にしたいとは思うのですが、眉はなんだか一年中無難な状態を保っているような気がします。
眉メイクも春っぽくしたい!あか抜けたい!そんな方にオススメなのが、オルビスさんの新商品「アイブローマスカラ」です!

眉マスカラって塗り方も結構難しくて、初心者さんにはなかなか抵抗のあるアイテムですが、オルビスさんのアイブローマスカラは誰でも簡単にあか抜け美眉を作れる優れもの。
使いやすさ、色設計にかなりのこだわりが持たれています。

既に使ってみた方からの評価もかなり高いですよ!

>>>オルビス「アイブローマスカラ」

Advertisements

オルビス「アイブローマスカラ」のここがイイ①ベタ眉にならないふんわり仕上げ

「マスカラ」という名称から、まつ毛に塗るようなマスカラをイメージする方も多いはず。
確かにベースはリキッドなので、眉に塗るとベタッとしてしまいます。
そのため塗り方にもコツが必要になり、慣れていないと眉マスカラは使いにくいアイテムになってしまうんですよね。

オルビスさんのアイブローマスカラは、その使い勝手の悪さを解消してくれています。
初心者さんでも簡単に塗ることが出来、かつ仕上がりはどこまでもナチュラルなふんわり眉になります。

というのも、リキッドベースのマスカラには、眉に塗った後パウダーに変化するという成分が含まれているんです。
そのおかげでベタ眉になることなく、ふんわりとした自然な眉に仕上がります。

オルビス「アイブローマスカラ」のここがイイ地肌につきにくい特殊形状のブラシ

マスカラを塗るブラシの部分は、ちょっと変わった形をしています。
コンパクトなダイヤ形の形状になっており、マスカラが地肌につかないように工夫されています。
面を細かく刻むことで接触面積を狭くし、細い眉毛一本一本にだけマスカラがつくようになっているというワケです(^-^)b
コンパクトなので細かいところまで丁寧につけることが出来るのもポイントですね。

まつ毛に使うマスカラとは違うというのがよくわかりますよね。

オルビス「アイブローマスカラ」のここがイイ③2ステップで美眉になれる手軽さ

肝心の塗り方ですが、ステップはたったの2つという簡単さ。
まずは毛流れに逆らうように眉尻から塗っていき、その後に毛流れに沿って眉頭から眉尻へ向かって軽く梳かすだけです。

たったこれだけで誰でも簡単に美眉が作れてしまいます!

眉尻の方に毛がないんだけど!という方は、濃くならない程度に描き足します。
眉毛がまばら過ぎてスッカスカと言う方も、隙間を埋めるようにペンシル等で先に軽く描いておくと良いです。
その後で自眉の部分にさっとマスカラを乗せると自然に仕上がるようですよ(^-^)b
ペンシルやパウダーのアイブローとの相性も良さそうなので、眉毛ないから…と思わずに試してみてください!

>>>オルビス「アイブローマスカラ」

オルビス「アイブローマスカラ」のカラーバリエーションは2色

今回発売されたマスカラのカラーは2色。どちらも茶系ですが、明るさが少し違います。

染めていない黒髪という方にはブラウン、茶髪の方にはライトブランがオススメだそうです。
どちらの色も日本人の肌と髪の色に馴染む色調・彩度にこだわられており、茶色といっても変に浮くことはないそうです。

にゃんは染めたことのない黒髪(でも日に透けるとかなり茶色く見える)なので、眉も普段はダークブラウンカラーのアイブローを使っています。
春夏の時期はもう少し明るくてもいいかも?と思っていたり…でもこれ以上明るいブラウンだとケバくなりそうで…
という心配をしていたのですが、アイブローマスカラのブラウンのカラーならアリかも!
春メイクにそろそろ切り替えたいところでもあるので、ちょっと使ってみたい気持ちがうずいています(^-^)

既に使った方の感想でも、とにかく使いやすい、色の馴染みが良いという好評価が多くみられました。
パウダーなどで描き足すより断然スピーディーで普段使いに最適という声もあります。
仕上がりもベタっとしたり固まったりせず、ふんわりと自然になるとのこと。

そろそろ春メイクに切り替えようと思っている方、あか抜けた印象の顔を作りたい方、是非試してみてくださいv

>>>オルビス「アイブローマスカラ」

オルビスのポイントメイク用品のレビュー記事