秋もぐっと深まり、炊事の際の水が手肌に沁みるようになってきましたね。主婦の皆様は水に触れる機会も多いので、この時期ハンドクリームは手放せないのではと思います。
私も手肌は荒れやすいので、年中ハンドクリームは欠かせないです。

ということで、この秋はオルビスさんの通販限定ブランド“Rechercher”(ルシェルシェ)の「フレッシュハンドクリーム」を使ってみることにしました♪

オーガニックレモンのフレッシュビターな香りというのに惹かれての購入です(^-^)
レモン系の香りもかなり好きなんですよねーv

オルビスさんでは「ハンドトリートメント」というハンドクリームもかなりの人気です。
そちらも気になりましたが、でもやっぱり香りも楽しみたい!と思って今回は「フレッシュハンドクリーム」にしました。(「ハンドトリートメント」は無香料なんですよね^^;)
ちなみに「ハンドトリートメント」はただいまキャンペーン中です。こちらについてはレビューとともに記事後半でご紹介致しますね。

※「フレッシュハンドクリーム」は販売終了しました。

>>>オルビスオンラインショップ

Advertisements

オルビス Rechercher「フレッシュハンドクリーム」のレビュー

テクスチャはこっくり固め

オルビス「Rechercherフレッシュハンドクリーム」

クリームはこっくりとした固めのテクスチャで、手に出してみると形が崩れません。この時点でかなり驚きました。
というのも、私もハンドクリームは色々試してきましたが、こんなに固いテクスチャのものって結構珍しい気がします。
市販の物とかは大抵はジェルクリームっぽくて、こうやって手に出すとちょっと広がりますよね。でもこの「フレッシュハンドクリーム」はしっかりと形をキープしています。
なので最初は塗り込むのに時間かかるのかもとちょっと心配していたんですが、広げてみると意外にもするするする~っと伸びて行って、あっという間に手全体に伸ばすことが出来ました。

オルビス「Rechercherフレッシュハンドクリーム」

テクスチャの固さからはちょっと想像できない伸びの良さです。しかも馴染みもとても早く、いつまでも馴染まなくてベタつきが取れないということがありません。
ささっと塗ってすぐにキーボードやタッチパッドに触れられるというサラサラ仕上げです。しかも軽い♪

肌同士で触れると確かにハンドクリームを塗ったという感触がりますが、普通にしていると妙なヴェール感じもなく、気にせずに仕事をしていられます。
事務仕事をしているので、ハンドクリームを塗ってすぐにパソコンなどに触れられるのはポイント高いですね。

ビターなレモンの香りはいつまでも尾を引かない

「フレッシュハンドクリーム」にはオーガニックのレモンの果皮油をメインに、オレンジフラワー、ビターオレンジの香りをミックスさせています。
そのため、単にシトラス系のさっぱりとした香りというだけではなく、ちょっとスパイシーさもあり、気持ちまでシャキッと目覚めるような香りに仕上がっているのだそうです。

香りは手指に伸ばしている時にほんのりと感じる程度で、持続度は高くないですね。
一瞬ほわっとレモンピールのようなレモンハーブのような香りがするくらいなので、ハンドクリームの香りがいつまでも残っていて気持ち悪くなるということもありません。
(以前市販の香り付きの高保湿ハンドクリームを使っていて、最初は良い香り~♪と思っていましたが、いつまでも香りが抜けず、次第に頭痛するようになったという経験が… ̄- ̄;)
香りの持続に関しては賛否両論ありそうですが、仕事をしている方や男性にはこのくらい早く抜けてくれる方が逆にありがたいかもしれませんね(^-^)

水濡れ後もさらっとしている

ハンドクリームで大事なのは、水で濡れた後も効果が続くかどうかということ。
やっすぃ市販のクリームは、お手洗いの度に塗り直しが必要というものも少なくないですよね。

この「フレッシュハンドクリーム」は、ちょっとした手洗い程度の水濡れなら塗り直しは必要ないです。
ちょっと水に濡れた程度なら、タオルなどで拭いてしまってもサラッとした感触がまだまだ残ったままでいてくれます。
食器洗いなどの場合は洗剤で落ちちゃうので、塗り直しが必要ですね。

保湿成分バオバブ葉エキスを配合したオルビス“Rechercher”シリーズ

オルビスさんの“Rechercher”(ルシェルシェ)シリーズは通販限定のブランドです。
通常のオルビスさんのアイテムは、基本的に無香料なのですが、ルシェルシェシリーズに限っては香りも楽しむことがコンセプトとなっています。
ボディケアアイテムに限らず、スキンケア、ヘアケアのアイテムもほんのりと香りがつけられていて、ボトルデザインも凝られており、ちょっと特別感のあるシリーズです。

オルビス Rechercher主な保湿成分として配合されているのは「バオバブ葉エキス」。
「バオバブ」は厳しい乾燥時期が長く続くサバンナ気候の地域に属する大木で、地球遺産の一つに数えられています。
しかし、そんな乾燥帯に属しながらも、なんとその体積の60%以上が水分でできているという、保水力に優れた植物なんだそうです。

バオバブの木の皮下組織はスポンジのようになっており、効率よく水分を吸収することが出来ます。そして短い雨季の間に降る雨を一気に吸収し、体内へ貯水します。
蓄えた水分は自身の維持・成長にも使われますが、乾期に水分を欲する動物たちの水分補給源ともなっているんだそうです。

オルビスさんのルシェルシェシリーズにはそんな保水力に優れたバオバブのエキスが使用されており、より濃密なうるおいを補給できるアイテムがそろっています。

(画像引用元:オルビスオンラインショップ

>>>オルビスオンラインショップ

オルビス Rechercher「フレッシュハンドクリーム」の口コミ

オルビス「Rechercherフレッシュハンドクリーム」

さてでは「フレッシュハンドクリーム」を使った方はどのような感想を抱いたのでしょうか。
オルビスさんのオンラインショップの口コミからいくつかピックアップさせて頂きました。

  • レモンの優しい香りがしばらく続くので、リラックス出来ます。フローラル系の甘い香りが苦手な方に、おすすめしたいです。
  • 夜寝る前のお手入れにこちらを使っていますが、翌朝しっとり・キメが整ってふっくら・スベスベとした手肌になります。
  • 指先のひび割れや手のひらのかさつきが多いのですが、こちらは浸透圧が高いのか、カサつきも落ち着き、2週間程度で効果を感じられます。
  • 他にない独特な香り。すっきりしているので食事の前に使っても邪魔になりません。さらっとしていて、そのあとの手仕事でも、手にしたものがべたつくことがありません

皆さん共通して仰っているのは、やっぱり香りが良い!ということでした。
市販のものは甘い香りやフローラル系、シトラス系があっても香りがキツイなどという意見の中、この「フレッシュハンドクリーム」はスパイシーでとてもすっきりとしていて良い香りとの感想が多かったです。
また、就寝前に塗って寝ると、翌朝手指がふっくらとしているという感想も多いですね。
意外や意外、男性からの支持も厚いようです(^-^) ビターな香りが男性にもウケがいいみたいですね。

一方で、香りが「ピーマン」「グリーン系」で微妙…という声も。
まぁ香りの感じ方や好みは人それぞれですので(^^;)
使用感については、ベタつく、いつまでも馴染まないといった声は少なかったように思います。

>>>オルビスオンラインショップ

オルビス Rechercher「フレッシュハンドクリーム」の使用感のまとめ

オルビス Recherhcer「フレッシュハンドクリーム」の使用感をまとめると以下のようになります。

【良かった点】

  • 香りがイイ。甘くないちょっとスパイシーでキリッとしたレモンの香り。
  • テクスチャがしっかりしていて垂れ落ちない。
  • 伸びがよく、肌馴染みも良い。パソコンなどにすぐに触れられる。
  • ベタつかない。サラサラ仕上げ。
  • 妙なヴェール感がなく、ハンドクリームを塗ったことが気にならない。
  • お手洗い程度の水濡れなら塗り直し不要。
  • シンプルながらイエロ×ネイビーの目を惹くカラーと高級感あるデザインが◎

【イマイチな点】

  • 香りがすぐに飛んでしまう。(仕事時や男性にはいいかもしれないが、リラックスを求める方には少し物足りないかも。)
  • 固めのテクスチャは夏には向かなそう。
  • あくまでも手荒れ予防用。手荒れがあったら使えない。(薬用成分が配合されていても良かった!)

使い始めたのが秋冬だったので夏の使い勝手はどうかというのは他の方の口コミ頼りなのですが、固めのテクスチャはちょっと汗ばんだ手には馴染みが悪いかもしれませんね。
また、薬用ではないので既に荒れてしまった手には使えないのも残念かなぁ。薬用成分配合だと嬉しいんですけど、求め過ぎかな(^^;)
香りの持続のしなささは、ルシェルシェシリーズにしては珍しいくらい短いと感じました。

でもマイナスポイントを差し引いても、私的にはかなり満足♪買って良かったと思える一品です。リピート購入の候補に入りました!
市販のハンドクリームも善し悪しがありますが、やっぱり香りがちょっとキツイんですよね。
テスターを使ってみて良い香りだ~と思って購入してみるも、実際に使ってみるといつまでも香りが抜けず、頭痛を引き起こす…ということが過去何度もありまして。偏頭痛持ちにはこれがまた厄介なんですよ(-“-|||)
なので、私的にはこのくらい早く香りが抜けてくれる方がありがたいです。一瞬の香りを楽しめればそれで(^-^)♪
保湿効果も高いし、何度も塗り直しが必要じゃないのも良いですね。

>>>オルビスオンラインショップ

オルビスの通常タイプの「ハンドトリートメント」も大人気アイテム

オルビス「ハンドトリートメント」

ハンドクリームではオルビスさんの通常の「ハンドトリートメント」も実は発売以来ずっと高い人気を誇っているアイテムなんです。
こちらは「フレッシュハンドクリーム」とは違い、無香料。
テクスチャはジェルクリームタイプでみずみずしい肌触りなのが特長です。

今回の注文時に、比較のためにもそのサンプルを取り寄せてみました。

オルビス「ハンドトリートメント」

 

ジェルクリームといってもそこまでとろとろではなく、手に出してもべちゃっとならない固さは保持しています。
でも見た感じ、「フレッシュハンドクリーム」とは違ってみずみずしさがありますよね。

「ハンドトリートメント」には「植物性セラミド誘導体」と「ソメイヨシノ葉エキス」がメインの保湿成分として配合されています。
より手肌を保湿している感じにこだわっており、カサカサに乾燥してしまったつっぱる肌の隙間をうるおいで満たし、ふっくらしなやかな肌触りにしてくれるのだそうです。

また、「リピジュア(R)−NR」が手肌にピタッと密着して保護膜を形成し、水を弾くので、水仕事をしても落ちないという強力なケア力を発揮してくれます。
水仕事の多い方や主婦の方を中心に人気が高いのはここがポイントみたいですね。

オルビス「ハンドトリートメント」の口コミ(オルビスオンラインショップよりピックアップ)

  • ベタつかず、邪魔な香りもなく、これを塗るとツルンと薄いの皮膜のガードができた感じがします。
  • 馴染みも早く、さらりと軽いのに、潤いはしっかりとキープ。水に触れてもヌルヌル落ちる感じが無い
  • こんなにさらさらするハンドトリートメントはなかなか無いです。すぐに作業に取り掛かかっても差し支えないさらさら感。
  • 他社製品との違いにビックリ!つけた時のしっとりした感じと、持ちの良さが全然違います。

多くの方が「ベタつかない」「ヌルつかない」「つるすべになる」といった感想を抱いていらっしゃいますね。
特に水弾きや水濡れ後の状態がとても良いのが気に入られているようです。しかもコスパ◎(70g入りで税込¥710)

確かに塗ってから水洗いしてみると、水が弾いている感じがよくわかりました。
大粒の水の粒がつるんと肌の上を滑り落ちていくんですよ。ピッチピチの10代の肌になったかのようです(^-^)
そして洗った手を拭いた後も、しっとりとしたヴェール感がありました。このヴェール感はすぐに気にならなくなりましたけど。
「フレッシュハンドクリーム」と比べてみても、その保護膜感はかなり強かったですね。

私は香り付きの物の方が好みなので、サンプルを使ってみた感じでは「フレッシュハンドクリーム」の方が好きかなぁと思いましたが、無香料派の方やより水弾き・しっとり感を求める方にはこちらがオススメですね。

>>>オルビスオンラインショップ

オルビスRechercherのレビュー記事

オルビスのボディケア用品のレビュー記事