冬のメイクと言えば、どんなメイクを思い浮かべますか?
毛穴レスのマットな肌、色っぽくツヤのある肌、それぞれなりたい肌印象って違いますが、“透明感”という点においてはどんなメイクにおいても共通して欲しいところだと思います。
ことに冬においては、冷たい凛とした空気に映える透明感のある肌がより美しくも見えます。

でも冬時期は冷たい空気のせいで冷えがち。
どうしてもお肌がくすんでしまい、透明感とは程遠い印象になりがちです。

じゃあどうしたら透明感のある冬美肌って手に入るのでしょうか

その答えは、チーク
冬こそ積極的に取り入れてほしい、一瞬で肌印象を明るく変えてくれる魔法のアイテムです。

特にこの冬オルビスさんから装いも新たに発売になった「ナチュラルフィットチーク」の限定新色“ローズアメジスト”カラーなら、自然な透明感を出しつつ、ほんのりとした赤みが幸せオーラも演出してくれます。

今回は、オルビスさんの「ナチュラルフィットチーク ローズアメジスト」をレビューしつつ、チークのもたらす効果や、透明感のあるメイクの作り方についても紹介していきます!

>>>オルビス「ナチュラルフィットチーク」

Advertisements

オルビス「ナチュラルフィットチーク ローズアメジスト」のここがイイ①パールが肌に適度なツヤを与えてくれる

オルビス「ナチュラルフィットチーク ローズアメジスト」

オルビスさんの「ナチュラルフィットチーク」には、全色にほどよくパールが入っていますが、ローズアメジストには結構大粒のパールが配合されています。
と言っても、肌がギラつくほどのものではなく、光が当たるとチラッと光るくらいのパール感です。
これが肌にツヤめきを与えてくれるので、くすみ知らずの健康的な肌に見せてくれるんですよ~(^^)

内側から発色しているように見せる血色感パウダーを採用

オルビスさんの「ナチュラルフィットチーク」は、その製法が一般的なものと大きく異なっています。
一般的なパウダータイプのチークはカラーを紛体にしただけですが、「ナチュラルフィットチーク」は血色のような色素の表面に半透明な層をプラスした、血色カラーパウダーを全色に配合しています。
これにより、より肌に溶け込みやすい色味になるので、チークだけが浮いて見えることがなく、肌の内側から自然に発色しているように見えるんです。

オルビス「ナチュラルフィットチーク ローズアメジスト」のここがイイ②アメジストカラーがツヤと透明感をプラスする

オルビス「ナチュラルフィットチーク ローズアメジスト」

「ローズアメジスト」はその名の通りローズ系の青みがかったピンク色をしていますが、冬の冷たい空気に冴えた白肌には赤寄りではなく青寄りのローズカラーがベストマッチ!

  • 赤みが強い=冷えた空気で肌がヤラれたかのように見え、浮いて見えてしまう
  • 青みが強い=冷たい空気にも冴えたような印象になり、自然に馴染む

また、内側からじゅわっとにじみ出るような血色感が出て、肌の透明度もグンとアップしますし、若々しすぎないカラーだから、頑張りすぎてない大人な落ち着きと程よい色気も出せます。

アメジストカラーは、ブルーほど冷たくなく、ピンクほど赤くなり過ぎない絶妙なパープルカラー。
落ち着いた色味の大人の肌に肌馴染みやすく、透き通るような白肌を際立たさせてくれます。
チークの赤味もぼやかしてくれるので、チークの補正としても使えそうです。

オルビス「ナチュラルフィットチーク ローズアメジスト」のここがイイ③チークとハイライトが1つになっていて使いやすい!

オルビス「ナチュラルフィットチーク ローズアメジスト」

「ナチュラルフィットチーク」は通常カラーは単色のみのコンパクトですが、ローズアメジストはハイライトカラーも一緒になったパレット
このパレット1つでチークとハイライトを完了できるというのは楽でいいですね!

チークカラー、アメジストカラー、ハイライトカラーまでがグラデーションのようになっているので、カラー同士の馴染みもすごく良いんです。
チークとハイライトって別々で用意すると、色味や輝きの相性が良くなくてバランスが悪くなることってありますよね。
意外に難しいんですよね、この2色をマッチさせるのって(^^;)
でもこのパレットなら相性が良い状態でできているので、気にすることなくメイクを仕上げることができます。

また、この3色を単色使いしても混ぜて乗せても、ちょっと色味が変わって面白くなります
赤みを強めたい時はチークカラーのみ、少し冴えた印象にしたい時はアメジストカラーをプラス。
夜のデートの時とか、頬にもツヤをプラスしたい時はハイライトカラーも混ぜちゃうとより一層華やかになります。
シーンに合わせて色々アレンジを試せるところも便利です♪

オルビス「ナチュラルフィットチーク ローズアメジスト」のここがイイ④肌触り最高なブラシ

オルビス「ナチュラルフィットチーク ローズアメジスト」

そして一番感動したのが、このブラシ!めちゃめちゃ肌触り気持ちぃー(≧▽≦)
先端がふわふわっとしており、毛先が肌に当たってもチクチクする感じが全くないんです。
まるで滑らかな猫の毛にもふもふしているような感触で、うっとりしちゃいました(* ´ ▽ ` *)


それでいて適度なコシがあり、チークを乗せていてもブラシがへにょへにょに曲がらないから使いやすい!
幅が広めなのも塗りやすくていいですね。

オルビス「ナチュラルフィットチーク ローズアメジスト」

今まで使っていた市販のものも悪くはないんですけど、チクチクすることがたまにあったので、生理前とか肌が敏感な時はちょっとストレスだったんですが、このブラシならそんな心配もないなぁ(^-^)

オルビス「ナチュラルフィットチーク ローズアメジスト」のまとめ

  • 冬の冷たい空気に映える落ち着いた血色感を演出してくれる絶妙青みローズカラー
  • チークとハイライトが1つになったパレットで楽々立体感を作れる
  • チークカラー、アメジストカラー、ハイライトカラーを単色使いも混色使いもできる
  • 細かいパールと大粒パールでオン・オフどちらもいける
  • 肌当たり柔らかで適度なコシもある優秀なブラシつき
  • チーク初心者でも安心して使える薄付き設計

チークひとつで女性の肌印象は大きく変えられます
可愛らしさも色っぽさも、凛とした強さも引き出せる魔法のアイテムです(^▽^)
チークがなかなか入れられないという方、はたまた肌馴染みの良い色をお探しの方、是非オルビスさんの「ナチュラルフィットチーク」を使ってみてくださいませ.゚+.(・∀・)゚+.

>>>オルビス「ナチュラルフィットチーク」

オルビス「ナチュラルフィットチーク」の口コミ

オルビス「ナチュラルフィットチーク ローズアメジスト」
(画像引用元:オルビスオンラインショップ

「ナチュラルフィットチーク」は、オルビスさんの全アイテムの中でもかなり人気・評価の高いアイテムです。
他のスキンケア・メイクアイテムは他社でもチークだけはオルビスさん!という方もいらっしゃいます。
そんなユーザーさんたちの口コミをまずはチェックしてみましょう!

  • 左側と右側で単色使いもアリですし、サッ!と、一緒に混ぜて頬骨あたりでフワッとつけるのも、40代以降~には、ナチュラル美肌になっていいかと思います。 (40代後半/ローズアメジスト)
  • ローズカラーでも色味は結構控えめで、頬がやたら赤くなるということはありません。一緒になっているハイライトカラーが上手く働いてくれているのか、ほんのりとした赤みが差すくらいで留めてくれます。 チークパレット1つでメイクの立体感を作れるのは楽でいいですね。 (30代前半/ローズアメジスト)
  • 簡単に自然な立体感が作れます。またツヤ感もでるので好きです♪光の関係でクマも気にならなくしてくれるので1つ持っておけばいろんな使い方ができるのでいつもポーチに入ってます。(30代前半/ハイライト)
  • お仕事にも、プライベートにも、どちらのメイクにも合います。オトナの女性のかわいらしさが十分に出せるお色で、変なぶりっ子な感じもなく発色もいいので重宝しますよ。(30代前半/コーラル)
  • かわいらしい見た目のとおり、頬につけると イノセントでガーリーな雰囲気になりますね。でも、悪目立ちせず肌なじみがいいので、40代に突入した自分でもあまり違和感なく使えていると思います。(40代前半/ローズ)
  • 頬が上気したような自然な赤みが可愛くて、本当に気に入りました。イエベの方はもちろんOKだと思いますし、ブルベの方も違和感なく使えるのではないでしょうか。(40代前半/ライトピンク)
  • 赤み抑えめで少しオレンジ寄りといった感じで、自然と血色を良く見せるお色です。薄付きなので、様子を見ながら重ねられます。(40代前半/ソフトレッド)

特に評価が高いのがハイライトなのですが、それ以外のカラーも平均的に人気があります。
限定色の「ローズアメジスト」は出たばかりで他の口コミに比べると少ないですが、使った方々から高い評価の口コミが少しずつ挙がってきています。

顔色のベース(イエローベース、ブルーベース)にこだわらずに好きなカラーが使えること、レッド系・ピンク系どちらも楽しめること、ブラシが素晴らしいことなどが多く挙がっていました。
また、量が結構あるのでコスパがいいという声もよく見受けられました。

>>>オルビス「ナチュラルフィットチーク」

オルビス「ナチュラルフィットチーク」の基本情報

オルビス ナチュラルフィットチーク
オルビス「ナチュラルフィットチーク」価格:税込¥1100
カラー:全5色(一部カラー在庫限りで販売終了予定)
※「ローズアメジスト」は販売終了

オルビス「ナチュラルフィットチーク ローズアメジスト」の配合成分

オルビス「ナチュラルフィットチーク ローズアメジスト」

オルビス「ナチュラルフィットチーク ローズアメジスト」の配合成分は以下の通りです。

タルク、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ジメチコン、シリカ、ワセリン、ジステアリン酸Al、ステアロイルグルタミン酸2Na、ヒアルロン酸Na、スクワラン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トリエトキシカプリリルシラン、硫酸Ba、水酸化Al、トコフェロール、セスキイソステアリン酸ソルビタン、フェノキシエタノール、マイカ、酸化チタン、酸化鉄、ホウケイ酸(Ca/Al)、グンジョウ、赤226

>>>オルビス「ナチュラルフィットチーク」

ちゃんとケアしてるのに何故かぱっとしない…冬に肌がくすむ原因とは?

 

冬場は空気が乾燥するから、保湿重視できちんとスキンケアをしているという方は多いと思ます。
私も春夏に比べて基礎化粧品は保湿力の高い美容液をプラスしたり、メイクアイテムもより保湿力の高いものに切り替えます。

そうやってしっかりケアできているはずなのに、何故かお肌に透明感がなく、くすんで見えることってありますよね。
冬空のどんよりとした暗さによってそう見えることもありますが、明るいところでもお肌がくすんで見えるなら、それはお肌の血行不良によるものです。

冬の空気は冷たく、身体をすぐに冷やしてしまいます。当然、お肌も冷えて毛細血管が収縮してしまいます。
そうすると、肌の表面から血色感が消え、どんよりとした重たいくすんだ肌色に見えてしまうのです。

冬場は乾燥が気になるから保湿することにこだわりがちですが、お肌を温めて血行を促進することもとても大切なんですよね(^-^)b

冬のくすみ肌にはメイクで血色感をプラス

冬でもくすまない肌をキープするには、お肌そのものを冷やさないようにして、元々の血色感をキープするのが理想ではありますが、いつもぬくぬくとした空間にいるわけにもいかないのでそれはなかなか難しいものがあります。
そういう時は、メイクで血色感をプラスしてしまいましょう(^▽^)

血色感を生み出すメイクアイテムと言えば、やっぱりチーク
これが頬に入っているかいないかで、肌の印象ってめちゃめちゃ変わってきます。

また、ベースメイクにピンクカラーが入っているものもオススメ
肌を自然と明るくし、冷え知らずのほんわかとした温かみを出すことができます。

チークの美肌効果とは?

 

チークを入れると、内側からほわっと灯るような赤味が肌に出ます。これが血色感になるんですね。
そしてこのほんのり赤味のある部分と、白い肌とのコントラストで、より肌が透明感あるように見えるんです。

また、ファンデーションだけののっぺりとした肌に比べ、チークを入れた肌は顔に立体感が生まれるので、光の陰影も出やすくなり、明暗の差が生まれやすくなることで透明感があるように見える、というワケです。

赤ら顔でもチークは必要?チークの意外な効果

そうは言っても、ぶっちゃけチークって入れるのが難しい!と思われている方も多く、使っていないという女性も結構いらっしゃいます。
また、赤ら顔の方は特に敬遠されることが多いようです。
かく言う私も赤ら顔タイプで、チークを入れると余計赤ら顔になるんじゃないかと思って、少し前までチークは入れずにメイクをしていました。

でも、赤ら顔だからこそチークを入れることで逆にムラな赤味が均一になり、ほわっと内側から灯るような上気したような肌に見せることができると知ってから、チークはメイクに欠かせなくなりました(^▽^)
もちろん、チークは入れすぎると赤味が強くなってしまうので、少しずつ様子を見ながら入れるようにはしています。基本的には薄付けですね。

チークは入れ方で印象が変わる…けど?

雑誌のメイク方法の特集などでもよく見かけますが、チークには顔かたちに合わせた入れ方があります。
例えば、面長は丸めに、丸顔はシャープにと、基本的には顔かたちと逆のような入れ方ですね。

まぁでも確かに基本の入れ方はそれがベストなんでしょうけど、結局はなりたい印象で入れるのが一番!と私は思います(^-^)

丸顔でも表情がキツイ方っているじゃないですか。そういう方がシャープにチークを入れていたら、余計にキツく見えると思いません?
私も丸顔だけどツンケンしてるように見られることもあるので、チークは丸く入れてほんわかフェミニンに見せています。
会議とかプレゼンとかあるお堅い場面では、少しシャープ目にしてみることもあります。

その時のなりたい印象で入れるのがやっぱりいいと思いますし、逆に言えばチーク一つで印象をガラリと変えられる面白さがあるってことですね(^-^)b

>>>オルビス「ナチュラルフィットチーク」

オルビスのポイントメイク用品のレビュー記事