2018年10月23日、オルビスさんの大人気スキンケアシリーズの「オルビスユー」がリニューアル発売されることになりました!
これまでの、肌が“自ら美しくなろうとする力”のコンセプトのもと、オイルカット・水環境での酵素活性の挑戦を経て辿り着いた“細胞フィットネス”という新しいメソッドが確立されたようです(^-^)

デザインも一新され、ピンクゴールドっぽいカラーから真っ白な透明感あふれるデザインになりました。
色々と出ていたシリーズアイテムも、まずは洗顔料・化粧水・保湿液のシンプルステップに統合されています。

発売は10月23日ですが、先行無料サンプルが配布されていたので、早速そちらを試させていただきました(^▽^)
まずはこちらをレビューしつつ新しいオルビスユーをご紹介します♪


>>>オルビス 新オルビスユー

Advertisements

オルビスユー 先行配布無料サンプル(サンプルブック)のレビュー

オルビス「オルビスユー」

サンプルブックの中には、新オルビスユーについての紹介がまとめられており、各アイテムについても特徴が書かれていました。
これを読むだけでもコンセプトとか特徴がわかる、まぁハンドブック的な感じでしょうかね(^-^)

「オルビスユー ウォッシュ」:ブースターの役割もあるクレイ洗顔料

オルビス「オルビスユー」

洗顔料「オルビスユー ウォッシュ」には、“モロッコ溶岩クレイ”が配合されており、お肌の汚れをしっかりとオフしてくれる効果があるようです。
さらに、“ブースター洗顔”と書かれているように、こちらで洗顔することでその後の化粧水や保湿液の浸透力を高める効果もあるようですね。

オルビス「オルビスユー」

テクスチャは少し光沢感のあるクリームタイプで、水を徐々に加えていくか洗顔ネットで泡立てていきます。
泡立てが面倒っていう方もいらっしゃるみたいですけど、私は普段からクリームタイプの洗顔料を使用しているので、洗顔ネットで泡立てるのは特別苦でもなく(^^) むしろたっぷりの泡に埋もれたい派です。

オルビス「オルビスユー」

もっこもこの泡立ちで密度も濃く、ぎゅっと握っても洗顔中もヘタれることはありませんでした。
それでいてすごく軽い!

また、すごく弾力もある泡で、洗顔をしていると泡の弾力で指が押し返されるような感覚さえありました。つい力んじゃってもこれなら安心(^-^)♪

漱いだ後はクレイ配合だけに結構さっぱりしていましたが、余計なうるおいまで奪われることはなく、すべすべしっとりという感じ。
くすみも取れてぱっと明るい肌色になれました!

「オルビスユー ウォッシュ」配合成分
水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール、デシルグルコシド、モロッコ溶岩クレイ、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-39、BG、DPG、セルロースガム

「オルビスユー ローション」:とろみジェルが水に変わる新感覚の化粧水

オルビス「オルビスユー」

洗顔をした後はこだわりの「とろぱしゃ」テクスチャだという化粧水をつけていきます。
こちらの化粧水、最初はとろみのあるテクスチャで、これまでのオルビスユーのモイストアップローションを髣髴とさせる感触なのですが…

オルビス「オルビスユー」

肌に塗布するとあっという間にみずみずしい水テクスチャに早変わり!
そして驚くほどのスピードで肌の中にグングンと吸い込まれていきます
気が付けば化粧水の感触がなくなっており、手のひらがお肌に吸い付くもっちり感だけが残っていました。
なるほど、これが“超浸透”というワケですね!

「オルビスユー ローション」配合成分
水、BG、グリセリン、ジグリセリン、プロパンジオール、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、シナノキエキス、PEG-75、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-400、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

「オルビスユー モイスチャー」:まるでスフレチーズケーキ!ふんわりしっとり朝夜兼用保湿液

オルビス「オルビスユー」

そして最後は保湿液「オルビスユー モイスチャー」でうるおいを閉じ込めていきます。
こちらは現品はジャータイプのボトルになるんですね。他のラインだと保湿液は基本的にプッシュボトルなので、ジャータイプだとクリームのような感覚ですねぇ。

オルビス「オルビスユー」

テクスチャの見た目はとてもみずみずしいジェルという感じなのですが、肌に広げてみるとふんわりとしたスフレっぽい膜に覆われるような感じがあり、ジェルを塗ったという感じは全然しませんでした。
見た目と肌触りが全然違う、いい意味で裏切ってくれるニクイ奴です(^▽^)

こちらも浸透力が高く、いつまでも馴染まないでベタベタするということはなく、あっという間にもっちりしっとり肌になれました。

「オルビスユー モイスチャー」配合成分
水、グリセリン、BG、ジグリセリン、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、カラスムギ穀粒エキス、PEG-75、プロパンジオール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-150、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、アクリル酸Naグラフトデンプン、酸化チタン、カルボマー、ベントナイト、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

新オルビスユーの3ステップを使ってみての感想は?

オルビス「オルビスユー」

取りあえずこの3ステップを朝に使用し、その上からメイクを重ねてみましたが、メイクもさほど崩れることはなく、一日中お肌がうるおっている感じがしました。
昼間にお肌の手のひらで包み込んでみると、しっとりと肌が吸い付くような感触がありました。

ただやはりサンプルは1回量といえどちょっと多めな感じなので、この量をそのまま使うと少しベタつくような気も。
なので、もし現品を使用するならば使用量はもう少し少なくてもいいのかなと思いました。
まぁ使った時期が夏場だったので、暑さで余計にそう感じたのかもしれませんが(^^;) 冬場なら丁度いいかも?

サンプルは1回分なので、1回使用でお肌の調子がどれだけ違うかっていうのはなかなかわかりにくいところではありますが、個人的にはこのまま現品を使ってもいいなと思えたサンプルでした。
現行、私はアクアフォースもしくはアクアフォースホワイトシリーズを使用していますが、年齢的にはそろそろユーシリーズに切り替えても良いくらいなんですよね。
なので、このタイミングでリニューアルされたのは切り替えにもいい機会なのかもと思ってみたり。
まぁまずはトライアルセットが発売されることを期待して、そちらをじっくり試してみてからかなと思います(^-^)

>>>オルビス 新オルビスユー

新オルビスユーのコンセプト:美しくなろうとする力を「引き出す」から「鍛える」という攻めの発想への転換

これまでのオルビスユーのコンセプトは、美しくなろうとする力を「引き出す」ことに重点が置かれていました。
しかし、それでもまだまだ女性の肌は様々な不調を抱えています。紫外線や季節の変化といった外的刺激はもちろん、ストレスと言った内的な刺激も肌に不調をもたらす原因です。
そこでオルビスユーの開発グループは、ならばいっそ「ダメージを迎え撃てるような肌を目指せばいいんじゃない?」と考え、美しくなろうとする力を「鍛える」という攻めの発想に辿り着き、“細胞フィットネス”(=角層細胞を健やかな状態に保つ)という新しいコンセプトが誕生したのだそうです。

タンパク質「アクアポリン」に着目

そこで着目された成分が、ここ最近美容業界でも注目度が高まってきている「アクアポリン」というタンパク質でした。
アクアポリンとは、生物の細胞の膜に存在する水の通り道のことで、2003年にアメリカの医学博士ピーター・アグレ氏がノーベル化学賞を受賞していることでも知られています。

アクアポリンは水分子のみを選択的に通過させ、イオンや他の物質は透過させない性質を持っています。つまり、細胞に余計なものは通さず、水分だけを巡らせるというワケです(^-^)b (※必要不可欠な尿素や二酸化炭素などは通します。)
アクアポリンが発現することで、豊富な水分が細胞内に行き届き、細胞本来の機能が発揮されやすくなるのです。

イメージをしやすくするための例として、おむつや保冷材に使用されている「吸水ポリマー」があります。
これは水分を含むと倍以上の大きさに膨らむという性質を持っており、何もしなければカチカチにしぼんでしまいます。

ヒトの肌でも同じような現象が起きており、水分をたっぷり持った細胞は膨らむのでお肌もみずみずしくふっくらとしますが、水分を失った肌はしぼみ、シワやたるみが出てきてしまいます。つまり、細胞が脱水症状を起こしている状態です。

そんな細胞を水分で膨らませるという着目点で、新オルビスユーは開発されました。
水分に着目するという点においては、創業以来、水の力に注目し続けてきたオルビスらしい結論だったそうですよ(^▽^)

アクアポリンを発現させるキー成分

そんな細胞のふっくら感に必要なアクアポリンですが、やはりこの成分も年齢やストレスとともに減少していってしまいます。
そこで、アクアポリンを発現させるために、オルビスさんが研究の末に見つけたのが、「アマモ抽出エキス」「モモ葉抽出エキス」「ヤグルマギク花抽出エキス」の3種類の植物由来の成分でした。

これらの成分が加わることで、アクアポリンの発現は、ものによっては倍以上にまで伸びたのだそうです。(ほ乳類が持つアクアポリンは現在13種類が知られていますが、まだまだ研究段階なのでこれからまだ増えるかもしれません。)

また、アクアポリンのうち1と3というものでは、それが増えることで真皮の繊維芽細胞が増えることも世界で初めて発見されたとのこと!
繊維芽細胞はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成にも大きく関わる細胞なので、女性にとっては大変にありがたい発見です(^▽^)
水分で細胞がふっくらするのに加え、コラーゲンやエラスチンなどが生成されることで、お肌はハリや弾力も蘇ってくるというワケですね!すごい発見~ヽ(≧∀≦)ノ

シンプル3ステップで肌環境を整えることに注力

オルビスユーシリーズといえば、これまではテクスチャもこだわられた様々なアイテムが発売されていましたが、新オルビスユーではそれらを一掃して、洗顔料・化粧水・保湿液のシンプルな3ステップに回帰しています。

洗顔料は、これまではジュレタイプだったり泡タイプだったりしたのを、原点に立ち返るようにクリームタイプになっています。
また、保湿液は、これまでは朝と夜で別のものを使用していましたが、新オルビスユーでは朝夜兼用の1アイテムになりました。

敢えて原点回帰とも言えるシンプルな3ステップにしたのは、まずは肌環境を整えることに注力したいからというのが理由だそうです。
確かに、色々とアイテムがそろっていても、肌の状態がきちんと整っていないと、使ったところでその効果の半分も実感できないですもんね。

それでも、テクスチャにはかなりのこだわりがあるようで、「濃密さ」と「軽やかさ」を同時に叶える感触を目指したそうです。
例えば化粧水では「とろぱしゃ」という感触にこだわっており、最初はジェルっぽい感触だけれども、肌につけるとぱしゃっとみずみずしい感触に変わって、ギュンッと肌の内部へ吸い込まれていくような仕上がりになっているのだとか。
また、保湿液はスフレチーズケーキの食感のような感触を目指し、ジェリームースのようなテクスチャに仕上げたのだそうです(^-^)

>>>オルビス 新オルビスユー

新オルビスユーの口コミは?

既に新しいオルビスユーをお試しになられた方々から、ぞくぞくと口コミが挙がってきています!
3ステップセットの予約特典なのでしょうか、3週間のトライアルセットを頂けたという方がちらほら…公式サイトにはそのような記載がなかったので確証はありませんが、無料配布のサンプルとは違うようですね(@_@)?

【2018年10月24日 追記】 ※新オルビスユーのトライアルセットが発売になりました!

  • ただ単純に感動しました。こんなの使った事ないし、毎日使うのが楽しみだと思いました。肌はと言うと艶ややかさがまし、透明感もアップ。化粧ノリもアップでハリ感アップ。これは間違いなくいいもので期待出来ます。(40代前半)
  • スリーステップで使って、鏡を見ると、普段よりくすみが取れてパッと明るくなっているような気がします。使い始めて一週間ですが、肌の調子も良いです。(30代前半)
  • 3日目くらいから、くすみがパッと消え、肌が白くなったような感じで、明るくなりました!今使っている前シリーズが使い終えたらこれに切り替えたいです! (30代後半)
  • 季節の変わり目で肌の調子が悪いことを実感していたこともあって使用して2日後には肌のツヤが変わり、続けているうちに化粧ノリも変わり化粧崩れも以前よりしない気がしました!ぜひ私世代のアラフォーにはおすすめしたいです!(40代前半)
  • 今回の新ライン、初回に使用した直後からお肌が違いました。モイスチャーを使用して、翌朝、気になっている鼻の頭の毛穴が目立たなく感激!!(30代後半)
  • 使い始めて数日ですが、使い心地はとても良くて気に入りました!ローションは、お肌に乗せた瞬間、すんなりと馴染む馴染む!!すぐに肌に吸い込んでいくので、使いやすい。(20代後半)

無料サンプル、3週間トライアルセットを使用した方々が混じっておりますが、概ね皆さん使ってみて今までのオルビスユーとは違う!というのを実感されているようです。
特に化粧水が肌に吸い込まれていくような感覚が好評のようでした。

これまでのオルビスユーに比べてさっぱりしているのに、長時間うるおい感が続いていて、乾燥知らずでいられるようです。
また、保湿液はこれまで朝用・夜用と分けられていましたが、リニューアルされた保湿液は朝夜兼用でケアが楽になったという声も多かったですね。

>>>オルビス 新オルビスユー

新オルビスユーのまとめ

  • 美しくなろうとする力を「鍛える」という攻めの発想へ転換
  • 細胞に水分を巡らせる「アクアポリン」に着目
  • 洗顔料・化粧水・保湿液のシンプル3ステップ
  • テクスチャや使用感にこだわられたアイテム

>>>オルビス 新オルビスユー

オルビスユーのレビュー記事