目元や口元のクマやくすみ、影を飛ばすのに、皆さんはどのようなメイクアイテムをお使いですか?
明るめの下地を使う、コンシーラーを使うなど、人によって様々かと思います。

私はクマができるときももちろんありますが、日常的に悩んでいたのが出目による影!
こればっかりは何をやっても消すことができません。

と思って、目元の影飛ばしなんてムリムリーと、コンシーラーは使わずにいたのですが…
出会ってしまいました、出目の影すら飛ばしてくれるコンシーラー、オルビスさんの「パーフェクトコンシーラー」です。

発売されていたのは前々から知っていたんですけど、正直コンシーラーって厚塗りになるイメージしかなくて敬遠していて(´-ω-`)
でも最近、目指したいメイクにどうしても目元の影を消す必要があったので、ダメもとだ!と思って購入してみました。

使ってみたらその馴染みの良さにビックリ!コンシーラーも進化してるんだね!!

今回はオルビスさんの「パーフェクトコンシーラー」をレビューします。
それと、他のメイクアイテムもプラスして、より目元をパッと明るくさせるメイク術もご紹介します(*^▽^*)

>>>オルビス「パーフェクトコンシーラー」

Advertisements

オルビス「パーフェクトコンシーラー」のここがイイ①コシのある平筆で塗りやすく、ミリ単位で修正が効く

オルビス「パーフェクトコンシーラー」

「パーフェクトコンシーラー」の筆は真っ白で細い毛が集まった平筆になっています。
毛先もとても細かくて、肌当たりもしっとり滑らかで気持ちぃ(^^)

オルビス「パーフェクトコンシーラー」

ぐっと押しつけてみてもしなやかにしなり、弾力があります
これが目元をするする~っと滑らかに滑っていくヒミツなんですね。
目元は皮膚が薄いので、余計な力を込めずに軽く滑らせることができるかどうかというのは大事なポイントです!

スティックの根元を回して抽出

「パーフェクトコンシーラー」はスティック状ですが、中身はクリーム状のリキッドが詰め込まれています。
根元の部分をくりっと回すとカチッと音がして、筆の奥からじんわ~りと中身が出てくる仕様になっています。

オルビス「パーフェクトコンシーラー」のここがイイ②オレンジカラーが肌に絶妙になじむ

オルビス「パーフェクトコンシーラー」

液を抽出させてみるとこんな感じ。スティック部分の色味とよく似ていますね。
肌色と比較すると結構濃いなーと感じます。

オルビス「パーフェクトコンシーラー」

上の写真は、手の甲に塗ってみた状態から馴染ませてみた状態の比較写真です。
最初は肌色と全然違って色味がパッツリ分かれて見えるんですが、馴染ませると肌色に溶け込んで、何処に塗ったのかわからないくらいになっています。
肌馴染みの良さが窺えますね。

絶妙オレンジカラーが肌に馴染む

この絶妙なオレンジカラーが、オルビスさんの「パーフェクトコンシーラー」の最大の特長です。
普通の肌色よりも一段~二段ほど暗い色味をしています。

市販のコンシーラーって、特に手軽に買えちゃう安価なものだと、肌色に似せようとした色味が多いと思いません?
一見、肌に合いそう!明るくなりそう!って思って手に取るのですが、実際に塗ってみるとやたら白くて使えないじゃん!ってなった経験はありませんでしょうか。

コンシーラーって、肌色と同じ色じゃ馴染まないんですよね。

黒い絵の具を塗ったところに白を塗り重ねても、下の黒い色が透けて見えてくるように、色味が真逆すぎると馴染まないですよね。
でも、暗い部分の色と少しでも近い色味を重ねれば、自然なグラデーションがかかり、黒白のようなぱっつり分かれるような仕上がりになりません。

コンシーラーも同じで、クマや影で暗くなっているところに、いきなり明るい色を乗せても、馴染みが悪くて色が定着しませんが、暗い部分と馴染みやすいちょっと暗めのカラーを乗せれば、肌の明るい部分ともグラデーションになって馴染みやすくなります
オレンジカラーは、クマと明るい肌色の中間になる絶妙なカラーというワケです(^-^)b

オルビス「パーフェクトコンシーラー」のここがイイ③レフ板効果で光を拡散、肌をフラットに見せる

オルビス「パーフェクトコンシーラー」

「パーフェクトコンシーラー」には、光を拡散してくれる“レフ板効果”があります。

通常、肌は、光を受けてもそれを吸収してしまうばかりで、場合によっては肌色を暗く見せてしまうこともあります。
肌が明るく見えるのは、肌内部の水分が光を受けて反射し、それを外側に向けて放ち返すからです。これが肌におけるレフ板効果。

「パーフェクトコンシーラー」にはそんな効果が出るよう、“光コントロールパウダー”(仕上がり向上紛体)というものが配合されています。
このパウダーのおかげで、目元は光を吸い込むだけでなく、外に跳ね返すことでくすみを飛ばしているというワケです。

コンシーラーを馴染ませる前は細胞ひとつひとつがくっきり見えていましたが、馴染ませると毛穴も隠れ、肌がフラットになります。
レフ板効果が効いていて、毛穴や肌の凹凸が見えにくくなっているんですね。

そしてこのレフ板効果が、私の出目の影さえも飛ばしてくれているんですね!
こういう効果、他のコンシーラーでは感じたことがなかったから、すっごく嬉しいです( *´艸`)

オルビス「パーフェクトコンシーラー」のここがイイ④保湿成分配合でシワも目立たずメイクがヨレない

ヒアルロン酸

コンシーラーが悪目立ちする一つの要因として、乾きやすいというのがあります。
塗ったときは馴染んでいても、時間が経つにつれ、パリパリに乾いてきて、剥落したり、シワとシワの間に入り込んでしまって、シワが余計に目立ってしまうんですよね。

「パーフェクトコンシーラー」には、そんな乾燥をさせないよう、保湿成分として「ヒアルロン酸」が配合されています。
乾燥しやすい目元をうるおわせながらクマやシワも隠してくれるんです(^▽^)

実際に目元に塗ってみて日中を過ごしてみると、驚くほど乾かず、目元がしっとりとうるおっていました
いつもは目元はメイク下地+ファンデーションしか塗っておらず、それだと乾燥する時はちりめんジワが出てきてしまったり、隠したつもりのシワやくすみが浮いてくることがあったんですよね。
ツヤ肌仕上げのベースメイクなのに、目元だけツヤがないという…(´・ω・`)

でも「パーフェクトコンシーラー」を使ってからは、目元もしっかりツヤが出るようになったし、乾かないからシワも出なくなりました
コンシーラー重ねると時間が経てばシワが目立つかなーっ心配していましたが、そんなことは全くなく。
むしろコンシーラーを塗っておいた方が、メイクが崩れない!という結果になりました(^▽^)
もっと早くから使っておけば良かったーっ!

オルビス「パーフェクトコンシーラー」の使い方のコツ

オルビス「パーフェクトコンシーラー」

「パーフェクトコンシーラー」の使い方はとても簡単なのですが、厚塗りを防ぐコツとして、コンシーラーを出したら直で塗るのではなく、一度手の甲に置くのが良いようですね。
そうすると、必要な分量だけ筆に乗り、細かい修正も効きやすくなります。

手の甲に出すのが手間かと思われそうですが、筆の中央奥から液が出てくるので、直で塗っちゃうと思いのほか多量の液がベトッとついてしまうので、手間でも手の甲に出す方が事故が少なくて済みますよー(^▽^)

「パーフェクトコンシーラー」×ピンク系メイク下地で一日中くすまない明るい目元に!

メイク下地+「パーフェクトコンシーラー」だけでも十分目元のくすみは飛ばせるのですが、よりキレイな目元を目指すなら、ピンク系カラーのメイク下地を部分的にプラスするのもオススメです。

  1. メイク下地を肌全体に伸ばし、一枚皮のイメージにする
  2. 「パーフェクトコンシーラー」で目元を補整。下地としっかり馴染ませる
  3. コンシーラーを塗った少し下~頬に入る辺りにピンク系下地を少量伸ばす。ツヤ感のあるものだと尚ヨシ

メイク下地、コンシーラー、ピンク系下地の3つが馴染むと、ツヤッとした明るい目元になります(^-^)

ちなみに私は、ピンク系下地としてオルビスさんの「リブースティングティントミルク」というものを使っています。
こちらは通販限定ブランドRechercherのアイテムなのですが、現在販売終了している模様…(減ったね、ルシェルシェのアイテム…|ω・`)  

実はこの方法、美容賢者としても名高いフリーアナウンサー田中みな実さんの鉄壁ベースメイク方法の一部分。(使っているアイテムは別メーカーのものですが。)
目元のくすみを取り払い、頬の高い位置をツヤッうるっと見せることで、頬の毛穴を光で飛ばして見えなくするというワザでもあります。

最近目指しているというメイクが実はこの田中みな実さんでして(〃▽〃)
真似っこメイクをするようになってから、周りから「表情が柔らかくなった」「美肌レベル上がった」と言って頂けるようになりました!
みな実ちゃん、私の1コ年下なので、アラサーメイクのお手本にとてもなります!大好きです( *´艸`)

口元にも使って口角アップ♪

オルビスさんの「パーフェクトコンシーラー」は目元専用と銘打っていますが、口元にも使えます

口元では、下唇の両端にコンシーラーを乗せ、上向きに馴染ませていきます
そうすると口角がグッと上がって柔らかな微笑みの絶えない表情に見えるようになります。
ほうれい線も気にならなくなりますよ♪

オルビス「パーフェクトコンシーラー」のまとめ

オルビス「パーフェクトコンシーラー」

  • 肌に馴染むオレンジカラー
  • 光を拡散するレフ板効果でくすみをオフ
  • クリームリキッドのテクスチャでするする塗れる
  • コシのある平筆で力を込めずに塗ることができる
  • 保湿成分配合で一日中乾かない

他社のコンシーラーを色々試しているがなかなか自分に合うものがないという方、是非一度試してみてください!
口コミでもそういう方が最終的に行きついたのがこの「パーフェクトコンシーラー」だったという声も多かったので、絶妙なオレンジカラーは日本人の肌にとても馴染みやすいカラーだと思いますよ(^▽^)

>>>オルビス「パーフェクトコンシーラー」

オルビス「パーフェクトコンシーラー」の口コミは?

前身のコンシーラーの時代から愛用者が多いオルビスさんの「パーフェクトコンシーラー」。
ユーザーさんの声をチェックしてみましょう。

  • いろんなメーカーさんのコンシーラーを使ってきましたが、思うように気になるところが隠れず、年齢を重ねる毎に気になる部分が余計に目立つようになり、疲れた感が出てしまっていました。ORBISさんのオレンジ系のコンシーラーは、嘘みたいに!隠れます。乾きも早くヨレません。軽いお化粧の日は、気になる部分だけ隠して、お粉でおさえるくらいで、ナチュラルな肌を作れます。手放せません!!(50代前半)
  • クマの気になるところにのせて、指でトントンとぼかすと、クマが目立たず、疲れ顔じゃなくなる気がします。オレンジ系で、よれたりもしないし、使いやすいと思います。これ無しのメイクは考えられない位です。(40代前半)
  • コンシーラーは明るすぎる物が多い中、これは明るすぎず馴染み、クマが目立たなくなります。乾燥しないのに、アイメイクが崩れないのも気に入っています。(30代後半)
  • クマも薄くなり、かなり血色がよくなるので、リピートしています。他にクスミなど、肌の暗い箇所にも塗ると違います。(30代前半)
  • 今まで散々色々なコンシーラーを試して来て、他社ので落ち着いておりましたが、30代を過ぎ、だんだんヨレや厚塗り感が気になるようになりました。 何か他に…と考えている時パーフェクトコンシーラーに出会いました。なかなか出会えないオレンジ系のコンシーラーは私の茶グマには相性が良かったのか、目元が明るくなり大変満足しています。 (30代前半)

多くの方が、オレンジカラーが肌に良く馴染むテクスチャーが固くないのでアイメイクがヨレないと仰っていました。
確かに市販のスティック系コンシーラーってテクスチャ固めですよね(^^;)ムラや厚塗りになります。
筆タイプなのも塗りやすいと好評でした。

一方で、中身が見えないからある日突然なくなる、なくなるタイミングがわからないといった、構造に関する低評価も目立ちました。
カチカチっと根元を回して手軽に出せるのは良いのですが、ある日突然出なくなるという声がとても多かったです。
なくなるタイミングがわかるよう、せめて軸部分をクリア素材にするなどしてほしいという要望も挙がっていました。

>>>オルビス「パーフェクトコンシーラー」

オルビス「パーフェクトコンシーラー」の基本情報

オルビス パーフェクトコンシーラー
オルビス「パーフェクトコンシーラー」価格:税込¥1650
詰替え:なし
※2020年9月より商品切り替え予定

オルビス「パーフェクトコンシーラー」の配合成分

オルビス「パーフェクトコンシーラー」

 

水、シクロペンタシロキサン、酸化チタン、BG、ジメチコン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、イソノナン酸イソトリデシル、グリセリン、酸化鉄、ペンチレングリコール、硫酸Ba、タルク、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-61、ビオサッカリドガム-1、PEG-400、ベタイン、トコフェロール、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、水酸化Al、ステアロイルグルタミン酸2Na、アルミナ、マイカ、(アクリレーツ/ジメチコン)コポリマー、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、窒化ホウ素、ハイドロゲンジメチコン、硫酸Mg、ジメチルシリル化シリカ、ステアリン酸、フェノキシエタノール

>>>オルビス「パーフェクトコンシーラー」

オルビスのベースメイク用品のレビュー記事