2020年は、私にとってオルビス愛用歴20年目となります。
15歳から使い始め、途中別メーカーのコスメも色々使ってきましたが、結局オルビスさんに戻ってくるというサイクルを続けています。


そこで、初心に戻り、オルビス未経験の方やまだオルビスのアイテムをそれほど使ったことがない方が疑問に思っていることに徹底的に答えてみたいと思います!
(アイテムによってシリーズ化してみようと思ってます^^)
今回は、こちらの疑問への回答です。

  • オルビスのクレンジングって人気だけど、どんなものがあるんだろう?
  • オルビスのクレンジングの中でも一番おすすめのものってどれ?

色々なサイトやブログなどで、他社メーカーとオルビスさんのクレンジングが比較されていますが、オルビスさんのクレンジングと言ってもいくつかあるので、その中でどれが一番オススメなの?と思ってしまう方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

結論から言うと、私が自信を持って一番にオススメできるのは、「クレンジングリキッド」です。

理由は、

  • 「クレンジングリキッド」が、オルビスさんの中でも18年連続売上ナンバーワンである
  • ユーザーの支持率が圧倒的に高い
  • オルビス愛用歴20年の私自身が、長年使い続けている最愛用アイテムのひとつである

ということです。

この記事では、「クレンジングリキッド」の魅力を伝えるのはもちろんですが、その他のオルビスさんのクレンジングもあわせてご紹介します。
オルビスさんのクレンジングを比較することで、なぜ「クレンジングリキッド」が一番オススメであるのかを納得いただけると思います(^▽^)

気になる方は、是非ご一読くださいませ!

>>>オルビス「クレンジングリキッド」を見てみる

Advertisements

オルビスで取り扱っているクレンジングの種類

オルビス クレンジング


オルビスさんでは、4種類のクレンジングを取り扱っています。(2021年5月段階)
メイク落ちの良さを求めるとか、心地よい洗顔をしたいといった、使う方の求める目的によってタイプが異なってきます。

オルビスのクレンジングと言えばコレ!「クレンジングリキッド」

オルビス「クレンジングリキッド」


まずはオルビスでも売り上げナンバーワン、私も一番にオススメする「クレンジングリキッド」からご紹介しますね。

「クレンジングリキッド」の特長は、

  • メイクなじみが早い
  • 100%オイルカット
  • ヌルヌルしない
  • 濡れた手OK、お風呂で使える
  • すすぎが早い
  • すすいだ後に肌がつっぱらない、つるすべ肌になる(保湿成分30%以上配合)
  • 続けやすい価格(税込み¥1467)
  • オルビス内18年連続売り上げナンバーワン
  • 累計売上個数4900万本突破

といったところが挙げられます。

特に「メイクなじみが早い」という点は他社メーカーのクレンジングと比べても早いようで、クレンジングにかける時間が圧倒的に短く済むというのも「クレンジングリキッド」の利点ですね。

また、オルビスさんがブランドのコンセプトとして掲げている「100%オイルカット」に準じており、クレンジングオイルやクレンジングクリームにありがちな油分独特のヌルヌル・ギトギト感がまったくない、使い心地の良さも人気が高いヒミツです。

クレンジング後のお肌はつるつるスベスベで、いつまでも触れていたくなるような滑らかさが生まれます。
マスカラは一般的なタイプのものは落とせますが、ウォータープルーフはちょっと厳しいですね。落とせなくはないんですけど、落ちが少し劣ります。
しっかり馴染ませないと落ち切らない程度。
ポイントメイクリムーバーなどと併用して使うのが良いですね。私もそうしています(^-^)

オルビス「クレンジングリキッド」の基本情報
オルビス「クレンジングリキッド」価格:税込¥1467
詰替:あり、税込み¥1268
内容量:150mL(約1.5ヶ月分)

>>>オルビス「クレンジングリキッド」を見てみる

乾燥シーズンの強い味方。美容成分たっぷりの「クレンジングジェル」

オルビス「クレンジングジェル」


もし「クレンジングリキッド」が売り切れか廃盤になったとして、次に私が使うであろうオルビスさんのクレンジングは、このピンクのボトルが可愛い「クレンジングジェル」です。

特長は、

  • ジェルだから美容成分をたっぷりと配合できている
  • 「ローヤルゼリーエキス」「マリンコラーゲン」「ヒアルロン酸」を配合
  • 100%オイルカット
  • メイクなじみが早い
  • ジェルタイプで垂れ落ちにくい
  • 洗い上りはお肌がぷるっぷるもっちもちになる
  • オルビスさんには珍しい可愛いピンクボトル

といったところです。

こちらも特長だけを見るとなかなか良さそうに思えますよね。
実際私も一時期はこの「クレンジングジェル」をしばらく使っていました。(結局「クレンジングリキッド」に戻っちゃったけど。)

「クレンジングリキッド」と比較して何が劣るのかと言うと、

  • メイク落ちが「クレンジングリキッド」ほどではない
  • 濡れた手でも使えるが、落ちが少し悪くなる
  • 詰め替え用がなく、コスパが悪い

といったことが挙げられます。


特に3つ目がもったいないなぁと思うところかなぁ。
価格はね、「クレンジングリキッド」のボトル入りと同じなんですよ。でも詰め替え用がないから、ずっと同じ値段で購入していかなくちゃいけない。
そしてジェルという半固形タイプだから減るのもめちゃ早いです。

オルビス「クレンジングジェル」の基本情報
オルビス「クレンジングジェル」価格:税込¥1467
詰替:なし
内容量:150g(1ヶ月くらい)

>>>オルビス「クレンジングジェル」を見てみる

今!オルビス激推しの新感覚クレンジング「オフクリーム」

オルビス「オフクリーム」


4つ目はジャータイプのボトルに入った「オフクリーム」というクレンジング。
真っ白なデザインは、オルビスが推している「オルビスユー」のシリーズに合わせている感じですね。(※「オフクリーム」はオルビスユーのシリーズではないです。)

気になる特長は、

  • クレンジングとは思えない全く新しい感触
  • ”肌と心をほぐす”というリラックスできるストレスフリー設計
  • 汚れだけを見極めて肌のうるおいはキープ
  • 体温でとろんととろける
  • 肌をこすらずにメイクをオフできる

といったところ。

ここだけ見ると「うわぁ、なんかめっちゃ良さそう!」って思えますが、私はオルビスさんの公式オンラインショップでクレンジングの比較表を見て驚愕のあまり声を失ってしまいました。

この「オフクリーム」、オイルカットじゃないらしい。

オルビスさんのブランドコンセプトであるはずの「100%オイルカット」を完全無視した新作クレンジングだったのです。
これを見た瞬間、私の中で「オルビスとは」という概念が崩れ去ってしまいました。(”クリームがオイルに変わる”ともはっきりと書かれていました…)

それに気づく前にサンプルを取り寄せて使ってみたのですが、確かにむちゃくちゃ油っぽい
一般的なクレンジングオイルよりももっとヌメヌメ・ギトギトとしていて、とても耐えられるものではなかったです。
半溶けバターを顔に塗りこんでるみたいだった…

すぐにすすぎ落してみたものの、肌にはがっつりオイル感の膜が。
これがまた洗顔料でも別のクレンジングでも洗い落とすことができない膜で、2・3日妙な膜感を覚えながら過ごす羽目になりました。

「これはねーわ」と思って、私の中では絶対買わないコスメのリストに即入りでした。
しかも価格も高いしね。余計ないわって思っちゃった(´・ω・`)

オルビス「オフクリーム」の基本情報
オルビス「オフクリーム」価格:税込¥2530
詰替:あり、税込¥1980
内容量:100g(使い方によって減り方が変わる)

ちなみにオルビスさんでは今この「オフクリーム」を売り出し中みたいなので、特設ページなんかもできちゃってます。
気になる方は是非覗いてみてください。

>>>オルビス「オフクリーム」を見てみる

毛穴の角栓さえもオフできるのがスゴイ!「クリアディープクレンジングリキッド」

オルビス「クリアディープクレンジングリキッド」

2021年春に、ニキビケアラインのクリアシリーズから新登場した「クリアディープクレンジング」。
基本は「クレンジングリキッド」ながら、和漢由来成分配合で、ニキビ肌を優しくいたわりながらメイクオフできるクレンジングです。

特長は、

  • 「クレンジングリキッド」さながらのメイク落ち
  • 100%オイルカット
  • 和漢由来成分を配合、肌を清潔に保って肌荒れを起こしにくくする
  • 「ハトムギエキス」「ヒアルロン酸」配合でツッパリ感ナシ
  • 毛穴の角栓もごっそりオフできる
  • 厚みのあるテクスチャで、摩擦レス
  • 濡れた手OK、お風呂で使える

といったところ。

「クレンジングリキッド」と大差ないようには感じますが、一番の違いはテクスチャと、毛穴の角栓も落とせるというところです。

メインのターゲットは、ニキビ肌に悩む20代の女性だと思いますが、毛穴の詰まりや角栓を落とすという点においては、30代以降のエイジングケア世代にも十分に受け入れられるポイントですね。
私も最初は興味本位で使ってみたんですけど、スクラブが入っているわけでもないのに、毛穴の角栓が簡単に落とせたのには感動を覚えました

 

「クレンジングリキッド」と比べて劣る点はほとんどないんですが、

  • 「クレンジングリキッド」と同量ながら約¥200高い
  • 推奨量は2~3プッシュだが、実際は4プッシュ以上必要
  • 厚みのあるテクスチャがメイクと馴染むと重くなり、滑りにくくなる

という点がちょっとネック。
特に上記2点はコスパの悪さが指摘されるし、3つ目は”摩擦レス”を謳っているのに滑りが悪くなると力がこもってしまうので本末転倒、結局量を多く使うことになるから、やっぱりコスパがビミョーになるというワケ。

それでも、角栓を楽に落とせるというのはかなり魅力なので、私は基本は「クレンジングリキッド」を使い、週2・3回、スペシャル洗顔として「クリアディープクレンジングリキッド」を使うのが良いと思います

オルビス「クリアディープクレンジングリキッド」の基本情報
オルビス「クリアディープクレンジングリキッド」価格:税込¥1650
詰替え:あり、税込¥1430
内容量:150mL(約1~1.5ヶ月分)

>>>オルビス「クリアディープクレンジングリキッド」を見てみる

どんなメイクも一撃必殺で落としきる!「ザ クレンジング ワン」…廃盤となりました

オルビス「ザ クレンジング ワン」


抜群のメイク落ちをモットーに開発されたクレンジングが、「ザ クレンジング ワン」。
透明ブラウンにゴールドのポンプが高級感を漂わせている、ちょっとお高いクレンジングです。

※残念ながら廃盤となってしまいました。

特長は、

  • どんなメイクも落としきる
  • 美容液のような質感
  • 100%オイルカット
  • メイクなじみが早い
  • 濡れた手OK、お風呂で使える
  • すすいだ後のお肌がしっとりすべすべ

といったところ。


特長だけを見た感じだと「クレンジングリキッド」よりも全然良さそうに感じますよね。

でも私がこれを一番に推さない理由は下記の通り。

  • オイルみたいなヌルつきがある
  • 価格が高い
  • すすいだ後のしっとり肌に妙な膜感がある

この3点がどうにも気になり、サンプルを使っただけで現品の購入にまでは至りませんでした。
ポイントメイクリムーバーと「クレンジングリキッド」を併用すると、「ザ クレンジング ワン」とほぼほぼ価格が同じにはなるんですが、オイルっぽい感触が私はどうしても受けいれられなくて。
メイク落としをイヤイヤやるなんて、ストレス溜まるだけで美肌には程遠いのでは?と思っちゃいますねぇ。

オルビス「ザ クレンジング ワン」の基本情報
オルビス「ザ クレンジング ワン」価格:税込¥2178
詰替:あり、税込¥1980
内容量:145mL(約1.5ヶ月分)
※販売終了

オルビスでは「クレンジングリキッド」がやっぱり一番オススメ!

オルビス「クレンジングリキッド」


オルビスのクレンジングの中でも「クレンジングリキッド」を推す理由をまとめてみます。

  1. メイクとのなじみが早い
  2. メイク落ちが良い
  3. ヌルヌルしない
  4. すばやくすすぐことができる
  5. 濡れた手OK、お風呂でも使える
  6. 詰め替え用もあり、続けやすい価格
  7. 洗い上りの肌がつっぱらない、しっとりすべすべ肌になる

「クレンジングリキッド」については、逆にイマイチなところってどこ?と考えてしまうくらい、不満な点が見つかりません。(ウォータープルーフマスカラが落ちにくいくらい?)
これだけ好条件がそろっているからこそ、「一度使ったらやめられない」「他社メーカーを使ってみたけど戻ってきた」「他に変えようと思わない」という声が聞こえてくるんだと思います。私もそう思いますもん。

「クレンジングリキッド」はあともう一ついいところがあって、それもユーザーの満足度をさらに上げている要因でもあるように思います。
それは、スペシャル展開が多いという点です。

オルビス「クレンジングリキッド」
オルビス「クレンジングリキッド」


過去に、2.5本分の量が入ったビッグサイズが発売されたことがあったり、特別な成分を配合した限定タイプのものが発売されたことがあります。こういうスペシャル展開ってユーザーを飽きさせないし、品質を知っている分、ワクワク感だけが高まるからいいですよね。

 

オルビス「クレンジングリキッド」の口コミとレビュー

オルビス「クレンジングリキッド」


実際に「クレンジングリキッド」を愛用されているオルビスユーザーさんの声をちょっと聴いてみましょう。

  • 新しい物好きな私は新商品が出ると、他社製品でも興味津々になって試してしまうのですが、クレンジングだけはオルビス以外考えられないです♪(30代前半)
  • 最近ちょっと浮気して、お試しに他社のクレンジングを使用していましたが、やっぱりこちらに戻りました。 優しくオフしながら、潤いもきちんと残してくれます。濃い目のアイメイクもマスカラも優しく落としてくれます。何よりすすいだ時に、肌が突っ張らない。(30代後半)
  • 適度な粘度のリキッドなので肌をこすらずに使えます。洗い流した後のぬるつきもなく、すっきりすべすべになるところが良かったです。メイク落としのストレスが減りました。(20代後半)
  • 使い続けて7年目になります。 使用感がさっぱりなのに、つっぱらず、しっかりメイクも落ちて、文句なしです! 他の商品を使っても結局戻ってきてました。マツエクつけても、これならオイルフリーで気にせず使えるのも気に入ってます。(30代前半)
  • 長年の愛用品です。他のクレンジングも試しで使用しますが、やっぱりこちらに戻ります。汚れもすんなり綺麗に落とせますし、洗った後も気持ちがいいです。肌の調子がいいです。乾燥肌ですが洗った後もツッパリません。ぬるま湯で洗うとよりアイメイクもすんなり落とせます。(50代前半)

皆さんやっぱりかなりの好感触な口コミや感想を挙げてらっしゃいますよね。どれを見ても「うんうん、わかるわぁ~」って思いますね、私も。


「クレンジングリキッド」についての私のレビューは、下記の記事に詳しく書いておりますので、あわせて読んでいただけると嬉しいです。
ボトルの形状にまで触れたちょっとマニアックなレビューになっていますよ(笑)

オルビス未経験の方必見!「クレンジングリキッド」をお得に試そう

オルビス初回購入者はお得


オルビスのコスメを購入したことがないという方は、「クレンジングリキッド」をお得に試すことができます!

まず、初回購入は送料無料。ここが一番お得なポイントです。
オルビスさんでは、2回目以降の購入では、¥3300以上購入しないと、メール便¥190または宅配便¥360の送料がかかります。

その他、オルビスさんでのコスメの購入に関しては、

  • 30日以内の返品OK
  • 振込手数料など各種手数料無料
  • 支払方法が選べる(クレカ、代引き、後払い、引き落とし)

となっており、支払いに関して煩わしいことは全くありません。

最大700円分ポイントバック!”初回限定ポイント”がもらえる

オルビスさんで初めてコスメを購入すると、その金額に応じてポイントがもらえます。
このポイントは、1ポイント=1円として次回のお買い物から使える仕組みです。

初回購入額が、

  • ¥2000以上の購入で300p
  • ¥2500以上で500p
  • ¥3000以上で700p

を獲得できます。

「クレンジングリキッド」は税込み¥1467なので、たとえば、

  1. ¥660の「パフクリーナー」1本抱き合わせで300p
  2. 「クレンジングリキッド」本体&詰替で¥2735で500p
  3. その他¥1540以上のものと抱き合わせで700p

という感じでもらえるので、折角のこの機会に何か別のアイテムと合わせて購入して、ポイントゲットしてみるのもアリですね。

ちなみに、「パフクリーナー」はオルビスさんの中でも隠れた名品!愛用されている方も多いです(*‘ω‘ *)
私も使ってみたんですが、パフが新品同様に生まれ変わりました♪

まとめ:オルビスで一番オススメのクレンジングは「クレンジングリキッド」

オルビス「クレンジングリキッド」


以上、「オルビスにはどんなクレンジングがあるのか?」「オルビスのクレンジングの中でも一番おすすめのものは何か?」という疑問に対し、徹底的に答えてみました。
オルビスさんで取り扱っているクレンジングについてまとめることで、「クレンジングリキッド」が一番オススメであることがご納得いただけたかと思います。


オルビスが初めての方でも、挑戦しやすい価格・送料無料・30以内の返品保障といった安全設定があるので、試しやすいんじゃないかなぁ(^-^)

>>>オルビス「クレンジングリキッド」を見てみる

この記事を見て、他の化粧水はどれが一番オススメですか?とか、これも比較して!というものがあったら、是非コメントやメールをください(^▽^)

※当記事内の一部画像は、オルビス公式サイトよりお借りしています。

クレンジングのレビュー記事