• マットなリップカラーって乾燥しそう…
  • マットリップはメイクが濃すぎになる印象がある

マットリップは使ってみたくても、こういった悩みがあるとなかなか手が出ないですよね。

そんな方にオススメなのが、オルビスさんの「ルージュネス シフォンマット」です!

オルビスさんの「ルージュネス」シリーズは、素の唇の色を活かした透け感発色が特長。
私も愛用しているリップシリーズで、過去には「レディセピア」や「プラムリゾート」というカラーも使っていました。

そんなルージュネスのシリーズに、2020年春、マットタイプの「シフォンマット」が新登場しました。

”透け感発色”がウリのルージュネスに”マット”タイプって…と、疑問に思う方も少なくないと思います。
私も最初は驚きましたが、思い切って「フレンチチェリー」というカラーを購入してみました。
正直、マット系リップは乾燥が気になるので使うのが怖かったんですけど、使ってみたら「ルージュネス」はやっぱり保湿力が段違い!全然乾燥しませんでした( *´艸`)

今回は、オルビス「ルージュネス シフォンマット」の「フレンチチェリー」カラーをレビューします♪


>>>オルビス「ルージュネス」

Advertisements

オルビス「ルージュネス シフォンマット」のここがすごい①マットリップなのに透け感発色

オルビス「ルージュネス シフォンマット フレンチチェリー」

オルビスさんのネットショップサイトやカタログで見ると、結構明るいピンク系カラーだった「フレンチチェリー」ですが、実物は思いのほか色味が深く、ピンクというよりはレッドに近いカラーでした。

オルビス「ルージュネス シフォンマット フレンチチェリー」

でもルージュネスらしくちゃんと透明感があり、手の甲に塗ってみても、地肌の色がほんのり透けて見えています。
見た感じでは思ったよりマット感がなく、”ツヤのないルージュネス”という感じですね(*‘ω‘ *)

唇に塗ってみると、素の唇の色もほんのりと透けていて、肌馴染みがとても良かったです。
自分の唇のカラーを完全に消してしまわないので、キレイなリップカラーを再現したままで肌にしっくりと馴染んでくれるんです。

”フレンチチェリー”はブルベ肌にオススメ

新発売になった「ルージュネス シフォンマット」は、全部で4色。
どれも数量限定のカラーとなっています。

ここ最近、オルビスさんでは肌カラーのタイプ別にオススメのカラーが用意されることが多く、「ルージュネス シフォンマット」もその例にもれず、ブルベ肌・イエベ肌向きにカラーがそろえられています。

  • イエローベース…「ハニーキャロット」、「ティーキャラメル」
  • ブルーベース…「ダスティフィグ」、「フレンチチェリー」

(※画像引用:オルビスオンラインショップ

どの色味もイイ感じですが、イエベ向きの2色はオレンジ・ブラウン寄り、ブルベ向きの2色はピンク・レッド寄りという感じ。

私はブルベ肌で、「ダスティフィグ」もとっても気になったんですが、ピンク系のリップカラーが欲しいなと思っていたので、今回は「フレンチチェリー」を選びました(*‘ω‘ *)
ただ、使ってみると案外ダークなカラーだったので、写真のような明るいピンクカラーが良かったなという気はしてます…

オルビス「ルージュネス シフォンマット」のここがすごい②マットリップなのに乾燥しない

ヒアルロン酸

さて、一番心配していた“マットタイプは乾燥しないのか?”ということですが、これはもうオルビスさんの商品説明通り、本当に乾燥しない!と言っていいでしょう♪

塗る瞬間からするするする~っと唇を滑っていき、皮むけ部分もちゃんと押さえてカラーが乗ります。
皮に引っかかってカラーが溜まるということもなく、しっとりうるうるな仕上がりに驚きました。
鏡を見なければマットタイプだなんて思えないくらい、本当にうるおい感を実感できます。

今まで使ってきたリップの中には、マットタイプじゃないのに乾燥するものもあったけど、これはマットタイプとは思えないうるおい度ですね。

「ルージュネス」は、体温でうるおいがとろけだして一日中唇を保湿する

「ルージュネス」には、「メルティーモイスチャー成分」という、唇に塗った瞬間から美容液成分がとろけだすという処方が採られています。
ヒアルロン酸」と「コラーゲン」といった高保湿成分が配合されていて、塗っている間中唇を乾燥から守ってくれます。

この「メルティーモイスチャー成分」を実感できるのは、まさに塗る瞬間。
カサカサに乾いてしまっている唇でも、リップをすーっと唇に滑らせていくと、引っかかることな端から端まで塗ることができます
そして塗ってすぐに乾燥しているところや縦ジワが目立たなくなり、ちゅるんとした美しい唇に仕上がっちゃうんです。

これはもうまさに乾燥唇の強い味方!
リップクリームが手放せない荒れやすい私の唇も、リップクリームなしで塗れちゃうので本当に大助かりです(^▽^)
(リップクリームの上からリップカラーを重ねると、上滑りしちゃってうまく乗らないし、落ちやすいですよね。それがなくなりました♪)

また、「ルージュネス シフォンマット」には、「3Dヒアルロン酸(ヒアルロン酸クロスポリマーNa)」や「ジパルミトイルヒドロキシプロリン」といったアミノ酸が配合されています。
「ヒアルロン酸」は言わずもがな高保湿成分ですね。
「アミノ酸」は特に肌に馴染みやすい保湿成分で、より高い美肌効果を狙う化粧品によく配合されています。

>>>オルビス「ルージュネス」

オルビス「ルージュネス シフォンマット」のここがすごい③柔らかな印象の唇を演出する

「ルージュネス シフォンマット」は、より肌馴染みをよくするため、色素の量を減らして光の透過率を上げているのだそうです。

また、ツヤのある唇ではなくマットな質感を出すため、「ルージュネス」の定番カラーに採用されている“レフ版効果”ではなく、“ソフトフォーカス効果”というものが採用されており、ふんわりとした柔らかな唇を演出してくれます。

オルビス「ルージュネス シフォンマット」のここがすごい④小顔効果が期待できる

マットタイプのリップには、ふわっとした質感が肌の余白を目立たせず小顔効果が期待できるというメリットもあるそうです。

また、ツヤの反射がなく、見たままのカラーがはっきりと映えるので、顔色がパッと明るくなるのも利点です。

唇の輪郭がぼやけて顔立ちがはっきりしないのが悩みだという方にもオススメですね(*‘ω‘ *)

>>>オルビス「ルージュネス」

オルビス「ルージュネス シフォンマット」の口コミは?

オルビス「ルージュネス シフォンマット」

(※画像引用元:オルビスオンラインショップ

愛用者も多いルージュネス。
今回はシフォンマットの4カラーに限った口コミをチェックしてみました。

  • 限定だなんてもったいないくらい良い商品です。ブルベ・サマー(なのに日焼けで肌の色暗め)の私でも浮かずに馴染みました。(ハニーキャロット/20代後半)
  • 夏の強い日差しにもまけない華やかさと、秋口にも似合うシックな色合いを兼ね備えていてとても気に入りました。(フレンチチェリー/50代前半)
  • こういうのを探してました。乾燥もしない、するする塗れる。オレンジのシャドウともとても相性が良くて夏にピッタリでした。(ティーキャラメル/40代後半)
  • リップクリームのように軽くスルスルッと塗れて、赤リップなのにシアーな仕上がりで重たくならずとてもかわいい!!(ダスティフィグ/30代前半)

共通して多かった声が、乾燥しないブルベ・イエベと肌色を問わない、そして定番化してほしい!というものでした。

私も別のカラーも試してみたかったんですけど、この4色はサンプルが用意されていなくて試せなかったので、他の方の口コミを見てただただ驚くばかりでしたね。
特に、ブルベ・イエベの肌カラータイプを選ぶことなく使えるというのはびっくりしました。
結構、イエベの方が”フレンチチェリー”を使っていたり、ブルベの方が”ハニーキャロット”を気に入って使っているようです。

余り低評価の口コミは見られなかったんですが、一部の方にはカラーが暗くて表情が暗くなるということがあったようです。

全体として、定番化してほしいという声がとても多く挙がっていたのもあり、かなり満足度の高い商品と言えると思います!

オルビス「ルージュネス シフォンマット フレンチチェリー」のまとめ

オルビス「ルージュネス シフォンマット フレンチチェリー」

  • オルビス2020年春夏の数量限定セミマットタイプのリップ
  • ブルベ肌にオススメのカラーだが、肌カラータイプを問わない
  • マットタイプなのにしっとりうるうるな付け心地で乾燥知らず
  • 光の反射を抑え、光の透過率をアップさせたことで、色味がしっかりと出る
  • ネットやカタログほどピンクカラーではなく、どちらかというとレッド寄り

マットタイプでもうるおうリップカラーを探している方、まだマットタイプに挑戦したことがないけどやってみたい!という方、はたまた、ふんわりとした春っぽいリップにしたいという方にとってもオススメのリップカラーです。
オルビス「ルージュネス シフォンマット」はいずれのカラーも数量限定ですので、気になった方はどうぞお早めに(^-^)

>>>オルビス「ルージュネス」

オルビス「ルージュネス シフォンマット」の基本情報

オルビス ルージュネス シフォンマット
オルビス「ルージュネス シフォンマット」価格:税込¥1870
カラー:全4色
※数量限定

オルビス「ルージュネス シフォンマット」〈フレンチチェリー〉の配合成分

オルビス「ルージュネス シフォンマット フレンチチェリー」

 

トリエチルヘキサノイン、イソノナン酸イソトリデシル、マイカ、シリカ、メタクリル酸メチルクロスポリマー、リンゴ酸ジイソステアリル、パラフィン、合成ワックス、マイクロクリスタリンワックス、(VP/ヘキサデセン)コポリマー、ポリエチレン、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、ジパルミトイルヒドロキシプロリン、スクワラン、エチルヘキシルグリセリン、ペンチレングリコール、水、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トリエトキシカプリリルシラン、水酸化Al、セスキイソステアリン酸ソルビタン、塩化Na、フェノキシエタノール、トコフェロール、酸化鉄、酸化チタン、赤202

同時購入のオルビス「トークリップグロス ピュアトーク」を重ねてみた

オルビス「ルージュネス シフォンマット フレンチチェリー」「トークリップグロス ピュアトーク」

 

シフォンマットならではのふっくらマットな質感も楽しみたいですが、たまにはうるツヤリップにもしてみたいと思って、同時に「トークリップグロス」の「ピュアトーク」も購入しておきました。
こちらはカラーのついていない透明グロスでなので、シフォンマットのカラーをそのまま活かせるかな?という期待も込めています。

透明カラーのグロスでリップカラーを邪魔せず、うるおい度アップ

オルビス「ルージュネス シフォンマット フレンチチェリー」「トークリップグロス ピュアトーク」

 

思った通り、透明カラーのグロスなので、リップカラーを邪魔することなくうるツヤリップに仕上げてくれました♪
保湿力もより上がり、会話をしても食事をしても乾燥する感じが全然しないので、この組み合わせはかなりオススメですね。

グロスによるツヤが出るので、リップカラーが光を受けやすく、ほんの少ーし明るくなります。
よりピンク色に近づけたいという方は、この2つを掛け合わせると近づけるかもしれません。

透明が故に保管に困る!リップカラーが溶け込んでトークリップグロスがくすむ

オルビス「トークリップグロス ピュアトーク」

 

「トークリップグロス ピュアトーク」は、透明カラーなのでリップカラーを選ばないのがいいところ。
ですが、透明が故に困ったことが。

グロスチップの先にリップカラーがつき、そのままグロスボトルの中に入れちゃうと、リップカラーがグロスの中に溶けだしてしまうんです…。
上の写真もほんのりピンク色に変色しているところがありますが、そんな感じでどんどん濁っていってしまうんです。

一回一回丁寧にチップを拭いてから入れても、やっぱり繊維の奥にしみ込んだカラーが徐々に溶け出してきちゃうみたいで、あんまり効果はありませんでした。
チップでグロスを取り、それを指先につけて指先で唇に塗布するというやり方もなくはないですが…唇に塗りやすい形状にこだわられたチップの意義とは、という感じになりますね(´-ω-`)

この写真を撮ってからもう大分経ちますので、今の「トークリップグロス」は完全に薄ピンクになってしまいました チ───(´-ω-`)───ン

>>>オルビス「ルージュネス」

オルビスのリップカラーのレビュー記事