オルビスさんの「スタイリングマスカラ」ボリュームタイプに、限定色“レディッシュブラウン”が登場しました!
ほわっと上気したような赤味のある目元づくりに一役買ってくれる、女っぷりがアップする絶妙カラーです。

数年前にもボルドーカラーが限定で出て、それがすっごく気に入っていたので、今回もかなり期待しての即購入です。
マスカラのカラーと言えば基本的にはブラックですが、ちょこっと色を変えるだけで目元の印象はガラッと変わります。
赤味は色っぽさを引き出す色でもあり、女性にとってはより女っぷりが上がる色なんですよねー(^▽^)

※「スタイリングマスカラ レディッシュブラウン」は販売終了しました。

>>>オルビス「スタイリングマスカラ」

Advertisements

オルビス「スタイリングマスカラ」レディッシュブラウンのレビュー

オルビス「スタイリングマスカラ レディッシュブラウン」

期待を裏切らない赤味の強いブラウンです。
本当はもっと地味な色味なんじゃないかと疑っていましたが、全然そんなことはなく、他になかなかない色味で気に入りました。

オルビス「スタイリングマスカラ レディッシュブラウン」

試しに手の甲に塗ってみると、あれ、今度は赤味が弱い明るめブラウンに見える!
たっぷりマスカラ液を含んでいると赤く見えるけど、薄く塗るとブラウンの方が強いんですね。
マスカラ液は軽い感じ。サラ~っとしているというか、ブラシを抵抗なく抜き差しできます。

ボリュームタイプのブラシって、モノによってはめっちゃ太かったりして塗りづらい!ってことがありますが、オルビスさんのスタイリングマスカラのブラシはほどほどの太さで塗りやすかったです。
毛束の幅も密集しすぎず空きすぎず、しっかりとまつ毛をキャッチしてくれます。

オルビス「スタイリングマスカラ レディッシュブラウン」

さっと塗ってみたのが↑の写真です。
くっきりはっきりカラーが乗っているのがわかりますでしょうか。
光の加減でちょっと紫っぽくも見えますが、実際はもちょっと茶色いです。

私のまつ毛はものすごーくネガティブで、カールタイプのマスカラをつけてもカールせずにすぐに下を向いてしまう厄介な子。
下地&がっつり根元からビューラーかけても、マスカラ液が乗った途端に下を向きます。
なのでカールはもう諦めています(笑)
この写真もまつ毛はやっぱり下を向いていますね…スタイリングマスカラ、カール力は皆無ですね(^^;)

乾きは少し遅め。重ね塗りをするとより遅くなりますが、一度塗りでもしっかり乗ってくれるし、長さもボリュームも出るので、無理に重ね塗りは必要ないかな?
塗ってすぐに瞬きをすると目の下にカラーがついちゃうので、ちょっと注意が必要ですね。

乾くと持ちは良いです。日中もカラーの落ちもないし、ボサボサになったマスカラ液が剥落してくることもなかったです。
まぁそこはフィルムタイプの特長でもありますかね。

2014年に限定発売した「ジュエルボルドー」との比較

オルビス「スタイリングマスカラ」

今回のレディッシュブラウンより前に、2014年の秋冬に「ジュエルボルドー」というボルドーカラーが発売されていました。
もちろんこちらも限定色で、発売開始からすぐに売り切れてしまった人気商品でした。

ちょっと古い写真ですけど、色味はこのように紫感の強いカラーでした。
でも塗ってみるとすごーく馴染みが良くて、色っぽさや艶っぽさもグン!とアップしたんですよね(^-^)
これを付けて実家に帰ると、美容に目ざとい母親(笑)が、「あら、いいわね!」と絶賛してくれました。

再販をずーっと心待ちにしていたんですけど、結局今冬のレディッシュブラウンまでなかったなぁ…

色味的にはやっぱり私はジュエルボルドーの方が好きです。なのでオルビスさん!ジュエルボルドーの再販を是非!!

オルビス「スタイリングマスカラ」は愛用者も多い人気商品

※「スタイリングマスカラ」は「イルミラッシュマスカラ」にリニューアルされました。

オルビスさんはアクアフォースやクリアシリーズなど基本のスキンケアアイテムで有名ですが、実はメイクアイテムにも定評があり、ユーザーさんもとっても多いんです。
その中でも人気なのが、「スタイリングマスカラ」のシリーズ。
巷には様々なマスカラが存在していますが、オルビスさんの「スタイリングマスカラ」のシリーズは、高機能でリーズナブルなことで愛用者が多いんです。

ココが人気①:密集毛ブラシ採用でまばらなまつ毛もしっかりキャッチ

オルビスさんの「スタイリングマスカラ」は、ボリュームタイプとロングタイプの2種類があります。
そのうち、ボリュームタイプに採用されているブラシは、マスカラ液がまつ毛をしっかりと包み込み、密着して、一本一本を太く濃くしてくれる優れものになっています。
形状はストレートタイプで持ちやすく、塗りやすいとも評判です。

ココが人気②:汗や涙に強いフィルムタイプ

マスカラ液に採用されているのは、市販のものでも多くなったフィルムタイプ
汗や涙に強いのに、38℃前後のお湯でオフできる、落とすのも楽ちん♪なものになっています。
フィルムタイプのマスカラ液は、まつ毛に塗ると耐水性の皮膜に変化し、汗や涙で滲みにくくなる性質を持っています。
所謂“パンダ目”になりにくいってことですね。
また、適度にツヤもあり、まつ毛がマスカラ液でゴテゴテにならず、毛先までつるんと美しく見えるのも特長です。

オルビス「スタイリングマスカラ」の口コミ

オルビスさんのオンラインショップでの口コミをいくつかピックアップしました。
レディッシュブラウンの口コミは、まだ発売したばかりなので少なめですが…

【スタイリングマスカラ】そのものの口コミ

  • ブラシの毛がぬりやすいです。適度なボリュームが自然な感じについてうれしいです。
  • スルっと落ちるのでまつ毛も抜けにくいので気に入ってます。
  • しっかりボリュームがでること、メイクオフが簡単にできるところがいいです。
  • お湯で簡単にクレンジング出来てしっかりボリュームアップ。他のマスカラも購入しますが、最後まで使い切りリピするのはこのマスカラだけです。

【レディッシュブラウン】の口コミ

  • これからのシーズンにピッタリの華やかな目元になり満足しています。
  • 黒いマスカラよりも、ブラウンのマスカラの方がキツくならない印象になりますが、そこに赤みがプラスされ、よりオシャレっぽい
  • そんなに赤が強調されてはなく、さりげない感じが良いです。
  • 赤みが強いレッドブラウンで一度塗りでもはっきり色が付きます
  • 色味はボルドーよりもブラウン寄りで、温かみがあります。目元の印象がほんわか柔らかになりました

スタイリングマスカラそのものの使い勝手の良さは多くの方が言っていますね。ボリュームタイプは重ね塗りをしなくてもしっかりボリュームが出るし、ロング効果もあるようです。
ただ、中にはカール効果が出ない、乾きが遅いという声も結構多く見られました。カールばかりはビューラーやマスカラ下地などでカバーするしかないですかね(^^;)

レディッシュブラウンについてはなかなかの高評価です。
普段ブラック系を使っている方にとっては冒険だったようですが、華やかになる、温かい目元になると好評でした。
他のメイクのカラー選びが難しいという声もありますが、このマスカラを機にガラッと印象を変えてみるのもアリかな?

>>>オルビス「スタイリングマスカラ」

オルビス「スタイリングマスカラ」レディッシュブラウンの使用感のまとめ

スタイリングマスカラ“レディッシュブラウン”の使用感をまとめると、以下のようになります。

【良かった点】

  • カラーが他にない絶妙感。目元がほんわか柔らかになる。
  • 抵抗なくするすると塗れる。
  • ボリュームタイプなのにロング効果もある。
  • 太すぎず細すぎず、使いやすいブラシ。
  • 一度塗りでも十分にボリュームも長さも出る。
  • 時間が経ってもカラー落ち、マスカラ液落ちがない
  • お湯で簡単に落とせる。

【イマイチな点】

  • カール力は皆無。
  • 乾きが遅い。
  • 乾いても雪やマスク装着による湿気で落ちる。
  • メイクの全体的なカラーのバランスが問われる。

個人的には色味も良いし、使いやすいしでかなり気に入っています。
一度塗りでこれだけボリュームも長さも出せるなら、長く使えるし、コスパ的にも良いですね。
マスカラってメイク用品の中で一番減りが早い気がする…(´・ω・`)

逆にイマイチだったのは、多くの方が仰る通り、乾きが遅いこと。
私、マスカラを塗ると何故かくしゃみが出るという謎の条件反射を持っているんですが、その度にマスカラ液が目の下にぺったりついちゃって困るんですよね(笑)
まぁレディッシュブラウンはブラックほど色味が強いわけではないので、拭き取っても跡が残らないからいいんですけど…

あと気になったのは、お湯で落ちるというけど冷たい水でも落ちるところですかね。
私は北海道在住なので、この時期はもう雪が舞っております。積もっております。
その雪がまつ毛に触れると、一粒の雪って結構な水分量だから、マスカラがごっそり落ちちゃうんですよ。

また、気管支喘息持ちなので、この時期は外を歩くときはマスク必須なんですが、マスクからの蒸気が冷気で冷やされると水分になり、まつ毛に溜まります。そうするとまたマスカラが落ちる…という。
これはフィルムタイプだからってのもあります。市販のフィルムタイプのマスカラは全部こうなりますので。
なので、ウォータープルーフが良かったかなーという気もしますね(^^;)

>>>オルビス「スタイリングマスカラ」

目元や口元に赤味を持たせると、色っぽさがアップする

メイク用品

ところで、どうして赤味のあるアイメイク商品が登場したの?って思われている方も少なくないのではないでしょうか。
レッド系って強調カラーでもあるので、リップはまだしも、アイメイクに持ってくるとケバくなるんじゃ…という声もよく聞きます。
なかなかメイクの仕上がりのイメージがつかなくて、やっぱり無難なブラウン系やピンク系に逃げちゃうという経験をした方も多いかと(^-^)

目元に赤味をプラスすると何が良いのか。
結論から言うと、色っぽさが格段にアップする、ということです。

レッド系やピンク系の色味には、肌を明るく美しく見せる効果があります。
これらの色味は血色感を与えてくれるので、肌の白い部分がより際立ち、透明感も上がって見えるんです。

一般的なメイクのカラーではいまいちピンとこない方は、舞妓さんや芸妓さんを思い浮かべてみてください。
彼女たちのアイメイクは、どうらんで真っ白に塗った肌に、真っ赤な紅色がさされています。
このメイクにはちゃんと理由があって、昼間は愛らしくかつ生き生きとした感じを、夜はろうそくの明かりの中で白肌にぽっと灯る艶っぽさを演出しています。
また、神社の巫女さんや神楽を舞う踊り子さんも、目元や口元に紅をさすことがありますね。これは女性であること=女性らしさを表現しているとも言われています。
(※上記は一説です。他にも厄除けのために血に似せているという説もあります。)

つまり、赤色のメイクには、女性らしさを引き立たせる効果があるというワケです。

色っぽさや女性らしさを出したい時は、是非目元や口元に赤味をプラスしてみてください(^-^)

オルビスのポイントメイク用品のレビュー記事