陽射しの降り注ぐ中、外に出ると気になるのが紫外線
春は紫外線レベルもかなり高いので、油断は禁物です!!

でも日焼け止めは息苦しい感じがして苦手…何度も塗り直すのは面倒…と思われる方も多いかと。
そんな方にオススメなのが、オルビスさんの「サンスクリーン(R)パウダー」です!

「サンスクリーン(R)パウダー」は、SPF50+・PA++++の最強クラスのUVカット力を誇るフェイスパウダー
軽い付け心地なのにしっかりとUVカットしてくれるので、オルビスユーザーさんの中でも愛用されている方が多い夏の大人気アイテムです(^-^)

その「サンスクリーン(R)パウダー」に、「スカイシトラス」という新色が登場しました!
UVカットだけじゃなく、美肌効果も格段にアップした限定品です。

今回はオルビスさんの「サンスクリーン(R)パウダー」をご紹介します♪

>>>オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」

Advertisements

オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」はここがスゴイ①SPF50+・PA++++でUVカット力は最強クラス!

オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」
(画像引用元:オルビスオンラインショップ

 

「サンスクリーン(R)パウダー」は、高いUVカット力を誇ると言いますが、その数値はSPF50+・PA++++の最強クラスのカット力!
一般的な日焼け止めとは違い、テクスチャがパウダーだというのに高いUVカット力を持っています。

高いUVカット数値を持つ日焼け止めを化粧下地として使用する方も多いかと思いますが、数値が高くなれば高くなるほど、肌への負担は比例的に高くなっていきます

それに比べ「サンスクリーン(R)パウダー」は、最後にベースメイクの上から重ねるだけなので、メイク下地などのUVカット数値は低くてもOK!
暑い夏に閉塞感のある厚塗りメイクをしなくても良いので、お肌への負担も極々少なく済みます(^-^)b

オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」はここがスゴイ②軽い付け心地なのに汗・皮脂に強く、メイクを長時間キープ!

オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」(画像引用元:オルビスオンラインショップ

パウダーと言うテクスチャのお陰で、「サンスクリーン(R)パウダー」は極々軽~い付け心地
メイク下地→ファンデーション→パウダーと重ね付けしても全く重くなりません。
もちろん、メイク下地→パウダーだけという使い方も可能です。

そして嬉しいのがウォータープルーフ仕様でもあるという点!
夏は汗や皮脂が多く分泌され、メイクも崩れやすくなりますが、このパウダーは汗水や皮脂に強いウォータープルーフタイプだからメイク崩れの心配もありません。
プールや海といったレジャーの場面でも、メイク崩れの気兼ねがないから安心です(^▽^)

(画像引用元:オルビスオンラインショップ

さらに、皮脂を吸収すると明るくなるという特殊なパウダーを採用しているので、夕方になっても肌がくすまず、メイクしたてのような明るい肌色をキープできます。

オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」はここがスゴイ③冷房による乾燥も心配ナシ!

日焼け止めにありがちな悩みと言えば、キシキシとした感じや閉塞感、そして乾燥ですよね。
ジェルやクリームと言ったリキッドベースのテクスチャの日焼け止めでも、気が付くと乾燥して粉をふいていることもあるので、日焼け止めの乾燥には気を付けたいものです。

また、意外に夏場は冷房でも水分を奪われるので、日焼け止めによるダメージとダブルで水分を奪われ、カラカラ乾燥肌になっている方も少なくないんです。

その点、「サンスクリーン(R)パウダー」は、配合成分にきちんと保湿成分も含まれているので安心♪
植物性の、「ローズマリー葉エキス」を主な保湿成分として配合しており、お肌を乾燥から守ってくれます。

>>>オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」

限定カラー「SKY CITRUS(スカイシトラス)」でヌケ感のあるメリハリ美肌へ!

オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」
(画像引用元:オルビスオンラインショップ

 

そんな優秀パウダーに今夏は限定カラーが登場しました♪
イエローとブルーの2色タイプで、複数の使い途があるようです。

イエローとブルーのダブルのカラーが叶える夏美肌とは?

オルビス「サンスクリーン(R)パウダー スカイシトラス」今夏の限定カラー「SKY CITRUS(スカイシトラス)」は、イエローとブルーのダブルカラーになっています。名前もカラーとよく合っていますね。

まず広い面積を持つイエロー部分ですが、こちらには肌のくすみを飛ばして明るく見せる効果があるようです。
日本人の肌に馴染みやすい色で、白浮きしないマットな質感なのだとか。

対し、小さい面積のブルー部分は、肌に透明感を与えてくる効果があるそうです。
また、パールが配合されているので、TゾーンやCゾーンなどにハイライトとして部分使いすることもできるそうです。

UVカットの白粉と言うだけじゃなく、マットな美肌に仕上げたり、ハイライトとして使用出来たりと、1つで複数の使い方ができるんですね(^▽^)

(画像引用元:オルビスオンラインショップ

定番カラーはファンデーションの色に合わせてチョイス!

オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」
(画像引用元:オルビスオンラインショップ

 

もちろん、使いやすい定番カラーも常備されています。こちらは透明パウダータイプの「ルーセント」と、ほんのり色づいた「ナチュラル」の2色展開になっています。

ルーセントとナチュラル、どっちを使ったらいいの?と思われている方は、下図のチャートをご参考にしてみてください。
ファンデーションの色味に合わせて、カラーを選べるようになっています。

オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」(画像引用元:オルビスオンラインショップ

 

私は普段使っているファンデはピンクよりの色味だったり明るいカラーなので、ルーセントタイプが合っているようですね。
愛用しているオルビスさんの「プレストパウダー」もルーセントを使っているので、色選びは間違っていなかったようです(^^)

>>>オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」

オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」の口コミは?

オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」
(画像引用元:オルビスオンラインショップ

毎年この時期になるとグンと注目度が上がる「サンスクリーン(R)パウダー」。
愛用されている方の口コミをチェックしてみました!

  • 去年まではナチュラルだったのですが、シトラスのほうが断然肌が復活します。朝のメイクしたて感がよみがえります。いままでは日焼け止め効果が理由で使ってましたが、これからは美肌効果で使います!(スカイシトラス/40代後半)
  • サラサラしているので、これからの季節は特にいいかもしれないです。さっとお化粧直しするにも簡単だし、持ち運びもコンパクトなので、バッグに忍ばせています。(ナチュラル/30代前半)
  • ルーセントは全く色付かないかわりに肌がかなり明るくなりました。秋冬も簡単に紫外線対策を行えますし、紫外線カット率も申し分なく、またお値段も手頃で、メリットが多いお品だと思います。(ルーセント/40代前半)
  • 黄色と青のコントラストで一瞬使いにくいのでは、、、と思ったけれど、肌に乗せると、意外と馴染んでいい感じに。ほのかなパールがとっても綺麗で、肌に立体感と透明感がプラスされます。(スカイシトラス/30代後半)
  • SPFが高いので「首元に日焼け止め塗りたくないな…」「ちょっと買い物行くだけだしな…」と言う時にオススメ。首からデコルテに塗ったり、特に首元は今年日焼け止めを塗った記憶がありませんがこのパウダーだけで守り抜けたな、と実感してます。(ナチュラル/30代前半)

ユーザーさんの多くが長年リピート購入している方で、春夏には手放せない!というのはもちろん、一年中使っているという方も結構いらっしゃしました。
今夏の限定カラー「スカイシトラス」についても早速口コミが挙がっており、かなりの高評価がついています。
特にハイライト使いできるブルーは好評ですね。細かなパールで毛穴も消えるし、透明感が違うとのことです。

定番カラーについては、リニューアルを機に「ルーセント」がかなり明るくなったとの口コミが多くありました。
人によってはかなり白くなるとのことなので、イエローベースの肌質の方はちょっと注意が必要かもしれませんね。

>>>オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」

オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」の基本情報

オルビス サンスクリーン(R)パウダー
オルビス「サンスクリーン(R)パウダー」価格:
全2色
※「スカイシトラス」は数量限定

オルビスのUVケア用品のレビュー記事

オルビスのベースメイク用品のレビュー記事