オルビスさんの日焼け止めアイテムの中でも最強のUVカット力を誇る「サンスクリーン(R)スーパー」が、この夏、大きくリニューアルされました!

これまではパッケージもイエローでしたが、新しい「サンスクリーン(R)スーパー」は鮮やかな青色に装いをチェンジ。
しかもテクスチャまで変わって、もはやこれまでの「サンスクリーン(R)スーパー」とは別物となっています。

私も早速サンプルで試させて頂きました!
せっかくなので旧タイプのサンプルも取り寄せ、どれくらい違うのかその比較もしてみました(^▽^)

※「サンスクリーン(R)スーパー」はさらにリニューアルされました。

>>>オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

Advertisements

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」の新旧を比較してみた

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

今回のリニューアルで一番大きく変わったのが、テクスチャの変更。
これまでは日焼け止め成分と水分の2層構造の液体ベースでしたが、それがみずみずしいジェルタイプになりました。

液体ベースでもみずみずしさはありましたが、ジェルタイプになることで保湿成分をより多く配合できるようにもなり、結果として保湿力が格段にアップしています。
日焼け止めって乾燥するものが多いので、保湿成分がしっかり配合されているのは嬉しいですよね。
ちなみにオルビスさんの「サンスクリーン(R)スーパー」には、ローズマリーエキスや低分子ヒアルロン酸といった保湿成分が配合されています。

というわけで、折角なので旧タイプのサンプルも取り寄せ、新しいジェルタイプのサンプルと比較使用してみました!

↑の写真のうち、右側(イエロー)が旧タイプ、左側(ブルー)が新タイプの「サンスクリーン(R)スーパー」です。
旧タイプは2層構造なので、出すときによく振る(サンプルパウチの場合はよく揉み込む)必要がありましたが、新タイプはジェルタイプなので、楽々出すことができるというのも使い勝手が良いポイントです。

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

↑も同じく右側が旧タイプ、左側が新タイプです。テクスチャの様子が全然違うのがわかりますでしょ?
新タイプはジェルなので、垂れ落ちにくいというのも良いですね。出すときにわたわたしないし、塗る箇所に出しておいても、先に日焼け止めのキャップをしめてから慌てずに塗り広げられるという利点もあります。

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

塗り広げてみても、液体ベースは浸透の早いところと遅いところのムラがでてしまいますが、ジェルは均一に広がるからムラになる心配もほとんどありません。
そして何より、塗った感触がみずみずしくて気持ちぃ!

新旧各サンプルを日を変えて一日ずつ使ってみましたが、やっぱりジェル状である新タイプの方がストレスなく過ごすことが出来ました。
液体ベースの旧タイプもしっかりUVカットしてくれるし、肌触りもさらさらなので良かったんですけど、日焼け止め独特の匂いとキシキシ感がどうしてもあって、「ああ、日焼け止め塗ってるな~」という感覚が一日中続いていました。
服が滑らないのが一番ストレスだったかも(^^;)

それに対し、ジェル状の新タイプは、日焼け止めを塗った感じがほとんどなく、服の滑りも良かったです。
これでSPF50+・PA++++とは思えない快適な付け心地でした(^▽^)
もちろん白浮きもしませんよー!

軽い付け心地でうるおい感もありながら、高いUVカット数値の日焼け止めを求めている方、是非使ってみてくださいね!

>>>オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」は、汗や水さえも味方につけ、UVカット膜がより強くなる

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

(画像引用元:オルビスオンラインショップ

リニューアルされた「サンスクリーン(R)スーパー」は、”汗水に触れると落ちてしまう”という日焼け止めのありがちなウィークポイントを克服した「シールドエマルジョン製法」が採用されています。
なんと、汗や水分を逆に味方につけ、より強力なUVカット膜を形成するようになるというのです!

そのヒミツは、日本アエロジル(株)製の特殊な紛体にあるそうです。
この紛体は、汗や海水といった水分に触れると、紛体自体がぎゅっと凝縮しより強固な膜を形成します。
これにより、日焼け止め内部にわずかにできていた隙間も埋めてくれ、結果としてUVカット力を強くしてくれるのだそうです。

これまでの常識を覆す、まさに逆転の発想ですよね(^▽^)

オルビス最強のUVカット数値&スーパーウォータープルーフ

オルビスさんのサンスクリーンシリーズは様々なアイテムがありますが、その中でもこの「サンスクリーン(R)dスーパー」はUVカット数値がズバ抜けて高いアイテムです。
ほとんどのサンスクリーンがSPF30前後・PA++~+++という中、「サンスクリーン(R)スーパー」はSPF50+・PA++++という日本で決められている紫外線カット指数の最高値が設定されています。
紫外線を強力ブロックし、絶対に日焼けしない!という時に頼りになるアイテムですね。

また、100分間にわたる水浴テストで耐水性を確認済みというウォータープルーフ&サンドプルーフ仕様にもなっているそうです。
これならどれだけ海やプールで遊んでも落ちないので安心ですね♪
それでもフツーの洗浄料(ボディソープなど)で落とせるので、どれだけ洗っても日焼け止めが落ちない!という肌ストレスがありません。

>>>オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

UVカット指数はどのくらいがベスト?

日焼け止めアイテムは様々なメーカーから発売されており、その紫外線カット数値も様々な値が設定されています。
お肌のことを考えると、UVカット数値はあまり高くない方が良く、通勤・通学、犬の散歩といった日常レベルの紫外線なら、SPFは精々30くらいあれば十分と言われています。PAなら++か+++くらいですね。

一日中外回りの仕事をしているとか、海や山に出かけるという時は最高値(SPF50+・PA++++)が推奨されます。

何が何でも日焼けしたくないからと、安易に最高数値のアイテムを選ぶ方も多いですが、商品によってはボディソープなどでも落ちにくかったりして、肌に残った日焼け止めが肌荒れの原因になることもあります。
高い数値の日焼け止めを選ぶときは、肌質に合ったテクスチャであるか、どんな成分が配合されているか、落とし方はどうであるかなど、きちんとチェックしてから選ぶようにしてくださいね(^-^)b

どこまでもストレスフリーを求めるならオルビス「サンスクリーン(R)フリーエンス」もオススメ

オルビス「サンスクリーン(R)フリーエンス」(画像引用元:オルビスオンラインショップ

日焼け止めのキシキシ感がキライ!乾燥する感じが苦手!
でもちゃんとUVカットしたいという方には、オルビスさんの全身用日焼け止め「サンスクリーン(R)フリーエンス」がオススメです。

「サンスクリーン(R)フリーエンス」は、SPF30・PA+++と日常レベルの紫外線を十分カットしながらも、紫外線吸収剤は不使用で、子供にも使えるとても肌に優しい日焼け止めです。
敏感肌の方にももちろん使えます(^-^)

ミルクのようなするんっとした優しい肌触りのテクスチャで、その内部は肌をふんわりと包み込むような立体的な構造になっています。
また、ヒトが元来持っている天然保湿因子・NMF類似成分を配合しているので、日焼け止め独特のキシキシ感や乾燥感もありません。

毎日使う日焼け止めだから、使い心地にも肌へのやさしさにもこだわりたい!という声から生まれた、ストレスフリーな日焼け止めとなっています。

>>>オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」