毎日太陽が燦々と照っていると、通勤中の紫外線が気になって仕方ない
本当はもうちょっと暑くなってから買おうと思っていましたが、急遽日焼け止めを購入しました。
SPF50+・PA++++の鉄壁ガードを誇る、オルビスさんの「サンスクリーン(R)スーパー」です。

SPF50+・PA++++を使う程、外に出ていることが多いわけではないのですが、一度使ってみたくて(^^)
口コミでも感触がいいという声が多かったので、今年の日焼け止めはコレにしようと思って購入してみました。

結論から言うと、確かに感触がすごくいい♪カット数値高いのに、塗ってる感じが全然しません

今回はこの「サンスクリーン(R)スーパー」をレビュー致しますね。
日焼け止めをお探し中の方のご参考になればと思います(^^)

>>>オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

※「サンスクリーン(R)スーパー」は「ボディUVプロテクター」にリニューアルされました。(2021年4月23日)

Advertisements

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」のここがイイ①日焼け止めとは思えないみずみずしさ

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

「サンスクリーン(R)スーパー」は、ジェルタイプの日焼け止めになります。
ジェルだからこそみずみずしい感触をキープできており、乾燥しがちな日焼け止めでもしっかりと保湿成分を配合できるというメリットがあります
「サンスクリーン(R)スーパー」にも、「ヒアルロン酸」や「ローズマリーエキス」といった保湿成分が配合されているので、日焼け止めによるお肌の乾燥は防げそうです。

早速試しに手の甲に塗ってみました。
一応ジェルタイプとのことですが、見た感じはクリームっぽい感じです。ほんのり黄色がかってます。

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

塗り広げてみると、ジェルタイプというのを確かに感じることができるみずみずしさを覚えました。
え、何コレ。全然日焼け止めっぽくない!」という、何とも不思議な感触です。
ふわふわとしたような感じもするし、でもみずみずしい。
よくある日焼け止めのしゃばっとした液状の感触とはまるで違います!

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

滑りも良く、あっという間に塗り広げられ、肌が斑に白くなることもありませんでした。
が、塗りたてはちょっとキシキシっとした感触があり、肌同士や衣服の滑りがとても悪かったです。
まぁでもこのキシキシ感も5分も経てばサラサラに変わるので、本当に最初だけ。
いつまでもキシキシする一般的な日焼け止めに比べれば、最初の数分くらい余裕で我慢できます(^-^)

お肌のトーンが少~し明るくなったような気もしますが、肌色の補整効果は特になかったはずなので、気のせいかな?

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」のここがイイ②塗っていることを忘れられる軽さ&落としやすさ

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

オルビスさんにも日焼け止めは色々ありますが、「サンスクリーン(R)スーパー」はその中でも最もUVカット力が強い日焼け止めになります。
そしてリニューアル後からはSPF50+・PA++++となり、更にカット力がアップしました。
国内で認可されているUVカット数値としては最高レベルですね。

最初のキシキシ感を乗り越えれば、後はサラサラ肌で一日中過ごせます。
実際に腕や脚に塗って過ごした日も、日中は日焼け止めを塗ったというのを本当に忘れていて、何にも気にすることなくフツーに過ごせていました。
お風呂に入って身体を洗っている時に、「あ、そういえば今日塗ったよね」と思い出したくらいです(笑)

そのお風呂でも、身体を洗っていて日焼け止めが落ちないな~という感じは全然ありませんでした。
いつも通りにボディソープで洗って、泡を洗い流した後、日焼け止めを塗った箇所は素肌の感触そのものでした。
専用リムーバーが必要なく、ボディソープで簡単に落とせるというのも実証できました(^-^) 楽でいいですねぇ。

日常生活ではSPF50+・PA++++までは必要ない

一般的に、通勤・通学やちょっとした買い物、お散歩程度の外出な(=日常レベル)なら、SPF35~40・PA+++くらいで問題なく紫外線をカットできると言われています。
なので、屋内で過ごすことが多い方はSPF50+・PA++++程のものは使用する必要はないのですが、例えばお仕事が営業職で外回りが多いとか、よくレジャーで外に出ることが多いという方は最高数値のものを使用した方が良いです。

但し、UVカット数値は、SPF・PAともに高くなればなるほど肌への負担も大きくなります
数値の高いものを選ぶ際は、できるだけ肌へのストレスが弱く、質の良いものを選びたいですね。
その点では、オルビスさんの日焼け止めは、保湿成分もきちんと配合されているなど、肌へのこともしっかりと考えられているので安心です(^-^)

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」のここがイイ③汗・水・砂にも強いウォーター&サンドプルーフ

「サンスクリーン(R)スーパー」の優秀なところは、汗水に強いウォータープルーフであること。
日焼け止めって、汗をかいたり水に濡れたりすると、落ちてしまって、塗り直しが必要になるものが多いですが、「サンスクリーン(R)スーパー」は、100分間の水浴テストでも耐水できたという実験データがあるそうです。
(但し、濡れて拭いた後は塗り直しをしておくとより安心とのこと^^)

また、汗水に触れると逆に紛体がぎゅっと凝集して、膜の強度がアップ
UVカット力が衰えるどころか、パワーアップするんだそうです(^▽^) これは頼もしい♪

さらに、砂の摩擦にも強いサンドプルーフでもあるので、海水浴でも落ちる心配なく安心して過ごすことができます。

こまめな塗り直しはするに越したことはないですが、忙しい日常や楽しいレジャー中に一々日焼け止めの塗り直しを意識するのは面倒ですよね。
その点で、そこまで塗り直しが必要ないのはとってもありがたいですね(^-^)

>>>オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」は顔にも使える?

「サンスクリーン(R)スーパー」は”ボディジェル”なので、顔用に使用するのは推奨されていません。

が、口コミを見てみると、顔用としても使えるという声もちらほらあるので、使えなくはなさそうです。

ただ、化粧下地に使うと化粧品と反応してぽろぽろとカス(モロモロ)が出ることもあるようです。

試しに私も化粧下地として使ってみましたが、一式オルビスさんでそろえているベースメイクアイテムでは、モロモロは出ませんでした。
ただ、塗りたてはちょっとキシキシするというのがあったので、馴染むまで次のメイクに取り掛かれないというのはちょっとイヤでしたね(´-ω-`)

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」のまとめ

  • みずみずしいジェルタイプで伸びが良く、白くならない
  • 保湿成分配合、乾燥しない
  • SPF50+・PA++++の国内最高レベルのUVカット力
  • 汗水に強いスーパーウォータープルーフ、水に濡れるとUVカットの膜が張りよりパワーアップする
  • 砂の摩擦にも強いサンドプルーフ仕様で海水浴も安心
  • 塗っているのを忘れられる軽い付け心地、ボディソープで簡単に落とせる

汗や水で流れ落ちない優秀日焼け止めは、外回りの仕事をされている方や外でのレジャーが多い方にとっては強い味方ですよね。
また、高い数値は必要なくとも何が何でも焼けたくない!という方にも、日中付けているのを忘れられるような感触のものはありがたいと思います。

>>>オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」の口コミは?

愛用者も多い「サンスクリーン(R)スーパー」。
まずはその口コミをチェックしてみましょう。

  • 外仕事なので一年中、顔+首に使っています。直射日光を浴びてますがほぼ日焼けせずに済んでます。(30代後半)
  • 二層式ではないので、塗る時も楽チンですね。ジェルなので伸びもよく、塗りやすいです。いわゆる日焼け止め特有の皮膜感もなく、べたつきもありません。(40代前半)
  • オーストラリア旅行で使うのに買いました!海に入ったりもして付け直しは1度くらいしかしてないのに日焼けした感じがありませんでした。 (30代後半)
  • さらっとしてべたつかず、伸びもよく崩れにくいです。付け心地がいいです。今まで色々使用していましたが、この商品が一番合っていました。(40代後半)
  • 私が日焼け止めが嫌いな理由3つを全てクリアしてる商品です!①塗っても肌が重くならない②汗をかいてもベタつかない!③いつもの石けんでちゃんと落ちる。私にとっては、塗ったほうがむしろ気持ちがいい日焼け止めです!(30代前半)

多くの方が塗り心地が良い伸びが良い軽いと仰っていました。
市販の日焼け止めとはちょっと違うというのを実感できているようですね。

一方で、汗をかくとベタつく、化粧下地にするとカスが出るといった声も。
ベタつきは人それぞれで、気になる方は気になる、気にならない方は気にならないという感じのようですが、後者の化粧下地にするとカスが出たというのは組み合わせ次第なところもあるかなと思います(*‘ω‘ *)
全身用とは言えど、やっぱり顔は化粧品を重ねる部位なので、こちらには余り使用しない方が良いのかも。

>>>オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」の基本情報

オルビス サンスクリーン(R)スーパー
販売終了

※「サンスクリーン(R)スーパー」は「ボディUVプロテクター」にリニューアルされました。(2021年4月23日)

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」の配合成分

オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、グリセリン、BG、トリエチルヘキサノイン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ポリシリコーン-15、ペンチレングリコール、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、トリメチルシロキシケイ酸、シリル化シリカ、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、ジメチコン、加水分解ヒアルロン酸、ローズマリーエキス、オウバクエキス、アクリレーツコポリマー、キサンタンガム、アクリル酸Naグラフトデンプン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン

成分を見てみると、「メチルパラベン」「エチルパラベン」というものが入っていますが、こちらは防腐剤ですね。
防腐剤って聞くと過剰に反応して肌荒れを引き起こすと思われている方も少なくないですが、この成分でアレルギーを起こす方って言うのは0.3%程度なのだそうです。
逆に、「防腐剤フリー」「パラベンフリー」と謳っている化粧品も、別の名称成分のものが防腐剤だったり、ある成分を形成する時にパラベンを使用している(この場合、成分表記の義務対象外になる)こともあるようなので、一概に完全な防腐剤フリーとは言えないんですって(||゚Д゚)怖ァ…

>>>オルビス「サンスクリーン(R)スーパー」

※「サンスクリーン(R)スーパー」は「ボディUVプロテクター」にリニューアルされました。(2021年4月23日)

オルビスのUVケア用品のレビュー記事