立春を迎えて暦の上では春がやってきましたが、まだまだ寒い日が続いていますね。
服はまだ冬仕様でも、メイクだけでも春らしくしたい!と思い、春メイクアイテムを少しずつ揃え始めております。

オルビスさんからも春メイクの新アイテムがぞくぞくと登場してきました!
中でも、色遊びが楽しめるアイメイクアイテムは春らしさ満点のカラーが揃っています。

この春、新色が登場したのは、「マルチクリームアイカラー」と「ツイングラデーションアイカラー」の2アイテムから。
「マルチクリームアイカラー」はベースとして、「ツイングラデーションアイカラー」はアイシャドウとして使うことができます。
すごくキレイなカラーだったので、新色をまとめ買い(^^)

…なんですけど、実際使ったのは「モーブピンク」で、限定色の「ガーデンテラス」は母親へのプレゼントなので、自分では使えていません(^^;)
なのでこちらは写真でカラーだけ見て頂けたらと思います。ごめんなさい(>人<)っつ
あと、「ニュートラルベージュ」もサンプルでのみ試用です。(ベージュ似合わないから…)

目元は皮膚が薄い分、肌の色がくすみがちなので、思ったようなアイメイクができないポイントでもあります。
そんな悩みを解決してくれるこの2アイテムで、春らしい明るい目元をゲットしましょう♪

>>>オルビス「ツイングラデーションアイカラー」

Advertisements

オルビス「マルチクリームアイカラー シアーブルー」:透明感が高く澄んだ印象になるベース

オルビス「マルチクリームアイカラー シアーブルー」

「マルチクリームアイカラー」は、目元のくすみを一塗りで取り払ってくれるベースクリームです。
透明度の高い“クリアシャイニーパール”というものが配合されており、まぶたを白っぽくならずにワントーン明るくしてくれます。
また、クリームベースなので上から重ねるアイシャドウ(アイカラー)の密着度が高まり、いつまでもメイクしたての美しい状態をキープできます。

「マルチクリームアイカラー シアーブルー」は、見た目はサックスブルーという感じで、コレがそのまままぶたの上に乗ったら結構青くなりそうだなーって思えるんですが、意外にも指先に取ってみるとその色はシルバーホワイトに近い色味でした。

オルビス「マルチクリームアイカラー シアーブルー」

肌に塗布してみても、余りカラーがわからないくらい薄く、光の当たり具合で少し白っぽく見えたりパールが煌めいて見えたりします。あまりにも白とびしてしまうということはなく、自然に肌がワントーン明るくなります

驚いたのはその質感で、ケースに入っている状態のものに触れているとクリームのしっとり質感なのですが、肌に塗り広げてみるとすぐにサラサラなパウダー状の質感に変わります
コレで本当に重ねるアイカラーが密着するの?ってくらいサラサラなんですけど、アイカラーを重ねてみたらピッタリと密着してくれてまた驚きました。

また、アイカラーのみを塗布するより、「マルチクリームアイカラー」を下地として塗ってからアイカラーを重ねた方がアイカラーの色がキレイに出ました。
ヌケ感のある春メイクには欠かせないベースだと実感しました!

目元に透明感を引き出すブルー

(画像引用元:オルビスオンラインショップ

ブルーやパープル、明るいグリーンといった寒色系には、肌の赤味を抑えて透明感を引き立ててくれる効果があります。
メイク下地などでもこれらの色味が使われているものが多いですよね。
最近ではパープルカラーのチークも流行しており、肌の透明感をアップさせてくれるコントロールカラーが注目されています。

美白系化粧品アイテムで肌の色を基から白くさせるのもアリですが、美白系アイテムは肌に負担をかけることも多く、誰でも容易く使えるものではありません。
ですが、ちょっとしたカラー選びのメイクだけで肌に透明感を与えられるなら、手っ取り早く楽だし、肌への負担も軽くて良いですよね(^-^)

オルビス「ツイングラデーションアイカラー モーブピンク」:思いのほか薄い色づき

オルビス「ツイングラデーションアイカラー モーブピンク」

実は「モーブピンク」は一目惚れカラーだったんです(^^)
元からピンク系アイメイクをすることが多いんですが、アクセントカラー(ディープカラー)がいつもブラウンでマンネリ化していたので、ちょっと赤紫っぽいブラウンに見えたディープカラーとの組み合わせに惚れて購入しました。

が、実物の色味は写真と違ってこれまたビックリ。オンラインショップやカタログで見たカラーとは大分違うぞ??(@_@)??
ディープカラーのブラウンは本当にフツーのブラウンで、赤紫の感じはほとんどありませんでした…

オルビス「ツイングラデーションアイカラー モーブピンク」

実際に肌に塗ってみても、やっぱり赤紫っぽい色味はなく。
でもまぁピンクとの相性は良いキレイなブラウンなのでヨシとしました(^^;)

ただ、思ったより薄付き!手の甲に1度塗ってみただけでは色が着かず、パールだけ乗って「おや?」と思って2度3度と塗り重ねました。
それでもまだまだ色味は薄く、3回くらい重ねたところでようやくほんのりと色が乗りました。
モデルさんは結構しっかり色味が出ていたので、あれは恐らく5・6回塗りはしてるんじゃないかな…( ̄- ̄)

塗り方の説明書を見ると、“手の甲で色みのつき具合を確かめてから”とありますが、この薄さは直でまぶたにオンしてもイケます。
既存の他の色は濃いめのものもあるのでそうした方が良いかもしれませんが、春の新色は薄付きのようなので(^^;)

それでもまぶたは他の皮膚に比べて薄いので、3回くらい重ね塗りすれば丁度いいかもしれません。(実際私は3回塗りで過ごしています。)
もう少しはっきり色味を出したい!という方は4・5回重ね塗りが必要かも。

2色を順に指先で取って重ねるだけ。簡単に美麗グラデが作れる「ツイングラデーションアイカラー」

「ツイングラデーションアイカラー」は、ディープカラー(濃い色)とライトカラー(明るい色)の2色を順に重ねるだけで簡単にグラデーションが作れるアイカラーです。
3~4色もの色を順に重ねてグラデーションを作るパレット型よりも楽にグラデーションを作れる設計で、発売以来オルビスさんのメイクアイテムの中でも人気の商品です。

簡単にグラデーションができるヒミツは、ディープカラーとライトカラーに同じパールを配合させているからだそうです。
それにより、2色の馴染みが良く、どちらか一方のカラーが浮いてしまうことがありません。

また、元は液体ベースのものを乾燥させてパウダー状にしているため、肌への密着度が高く、粉飛びがしにくいのも特長。
パールやラメって飛びやすく、アイメイクをしている途中で頬などに飛んでしまうことがありますが、「ツイングラデーションアイカラー」はその心配がありません。

パールでゴールドっぽい発色になる「ニュートラルベージュ」

オルビス「ツイングラデーションアイカラー ニュートラルベージュ」

ベージュ系アイメイクは劇的に似合わないので、新色「ニュートラルベージュ」はサンプルでのお試し。

サンプルからしてライトカラーはベージュと言うより肌色っぽく、なんだかストッキングみたいな色だな…と思ったり(笑)
モデルさんの写真ではイエローオレンジみたいな発色だったので、コレがああなるのか・・・?となかなかイメージがわかないのですが。

オルビス「ツイングラデーションアイカラー ニュートラルベージュ

塗ってみると、やっぱりこちらもかなりの薄付き
ディープカラーは2回塗りくらいで色味が出てきますが、ライトカラーのベージュはほとんど見えません。
パールの煌めきも相俟って、余計に色が飛んでしまっているのも原因かなとは思いますが…にしても白い。
イエローオレンジ、オレンジベージュというよりはゴールドに近いと思いました(^^;)

オルビス「マルチクリームアイカラー」&「ツイングラデーションアイカラー」の口コミ

オルビス「ツイングラデーションアイカラー」

春の新色についての口コミは、発売したばかりと言うこともありまだまだ少ないですが、どちらも使用感についての口コミを中心にピックアップしてみました。

【マルチクリームアイカラー】

  • 様々なアイカラーと合わせる事ができて、ナチュラルメイクが仕上がります。一つ持っているだけで、絶対に活躍する一品だと思います。
  • パウダーアイシャドウの下地としてだったり、これだけでも素肌っぽいメイク(色味よりツヤ感だけを出したい時)に便利
  • 涙袋にツヤがでて目を少し華やかにしてくれるので好きです。クリームタイプなので肌にしっかり密着して上から塗るアイシャドウもきれいにのってくれます。
  • 後に使うアイシャドウの発色や化粧持ちを良くしてくれます。つけまつげのグルーとの密着感も増すので、目元のメイクをしっかりしたい時には欠かせません。
  • まぶたにサッとのせるだけで、細かいパールが目元を明るくしてくれます。大き過ぎずでもキラキラして、絶妙なパールがとてもいいと思います。

【ツイングラデーションアイカラー】

  • まず濃い方を際につけ、後からアイホールに薄い方を広げる使用方法なのですが、逆パターンでも境目がいい感じにぼやけてくれる
  • 2色なので朝でもさっと塗れて毎日使うようになりました。今では欠かせないアイテムです。
  • 子供を産みあまり化粧に時間をかけれなくなったのをきっかけにこちらを購入。コンパクトで使いやすいです!
  • 単色でも使えるし指で簡単にグラデーションが出来るので毎日愛用してます。
  • よく伸びるアイシャドウで、時間が経ってもまぶたの下に上のアイカラーが移ることもありません。

「マルチクリームアイカラー」に関しては、本当にまぶたのくすみを取り払ってくれるので目元が明るくなると好評でした。また、重ねるアイカラーとの相性も良く、しっかり密着してくれるのも高ポイントのようです。
「ツイングラデーションアイカラー」は、2色だけで簡単にアイメイクを終わらせることができるという点がウケているようですね。忙しい朝は特に重宝されているようです。

一方で、「マルチクリームアイカラー」は「ツイングラデーションアイカラー」にもパールが入っているのでパール感は必要ないのではと言う声や、「ツイングラデーションアイカラー」は割れやすいという声も。
特に後者はケースが小さいだけに持ち運んで使っている方が多かったのですが、そうすると割と早く粉々になってしまうようです。元が液体ベースだけに崩れやすいのかもしれませんね。

>>>オルビス「ツイングラデーションアイカラー」

オルビス「マルチクリームアイカラー」(シアーブルー)&「ツイングラデーションアイカラー」(春の新色)の使用感のまとめ

オルビス「ツイングラデーションアイカラー」

オルビス「マルチクリームアイカラー」(シアーブルー)と「ツイングラデーションアイカラー」(春の新色)の使用感をまとめると以下のようになります。

【良かったところ】

  • 「マルチクリームアイカラー シアーブルー」は透明度をかなりアップしてくれる。
  • 「マルチクリームアイカラー シアーブルー」の質感がしっとり→サラサラに変化しつつも、密着度が高い
  • 「ツイングラデーションアイカラー」は指先だけでササッとアイメイクを仕上げられるので楽。
  • 「ツイングラデーションアイカラー」は2色が馴染ませやすく簡単にグラデーションができる。
  • 「ツイングラデーションアイカラー モーブピンク」は春らしい色のセット。ヌケ感は出せる。
  • 「ツイングラデーションアイカラー モーブピンク」はパール感が上品。
  • 「マルチクリームアイカラー」×「ツイングラデーションアイカラー」のセット使いでアイメイクが一日中崩れない。下まぶたにも色移りしない。

【イマイチなところ】

  • 「マルチクリームアイカラー」は爪の中にクリームが溜まることがある。減ってくると取りにくそう。
  • 「ツイングラデーションアイカラー」は写真と実物の色味が異なる。
  • 「ツイングラデーションアイカラー モーブピンク」はかなり薄付き。3回は重ね塗り必須。
  • 「ツイングラデーションアイカラー モーブピンク」のディープカラーだけでは目元がぼやける薄さ。アイライナー必須。

一目惚れカラーだっただけに、その薄付きさと写真と実物のカラーギャップはちょっと残念でしたが、使い勝手は良いアイカラーでした。
特に「マルチクリームアイカラー」は本当に肌のくすみを飛ばしてワントーン明るくしてくれるし、重ねるアイカラーもピタッと密着して一日中崩れないからかなり優秀です。
「ツイングラデーションアイカラー」も重ね付していけば色味は出てくるので、濃くしたい時はもう少し重ねればいいだけなんで、色味的にはそこそこ満足かな(^-^) 何より春らしい色だからOKとします。

アイメイクだけでも春っぽくするだけで、随分と顔の印象って変わります。
この春は透明感重視のメイクと服装をしてみようかな♪と、温かくなるのが待ち遠しくなりました(^^)

>>>オルビス「ツイングラデーションアイカラー」

オルビスのアイカラーのレビュー記事