私がスキンケアもメイクでも愛用しているオルビスさんから、秋の新色メイクアイテムが色々と発表されています。

目元メイクアイテムでは、「ツイングラデーションアイカラー」がリニューアルされ、新色も追加されています。
また、下地の「マルチクリームアイカラー」もケースが白くなりました(*‘ω‘ *)

これまではパウダータイプのアイカラーだけでしたが、この秋には数量限定ではありますがクリームタイプも新登場しています。
パウダータイプも新しい紛体になって、より塗りやすく、よりキレイな仕上がりになったのだとか!

今回はその数量限定のカラーのうち「ピンクメープル」と、「マルチクリームアイカラー」をセットで購入してみましたので、レビューしたいと思います!

>>>オルビス「ツイングラデーションアイカラー」・「マルチクリームアイカラー」

Advertisements

オルビス「ツイングラデーションアイカラー」のここがイイ①ふんわりとした目元に仕上がる

パウダータイプのアイカラーのリニューアル点は“紛体”。
通常のアイカラーのパウダーは、ケースの中にぎっちりと押し込められているだけですが、リニューアルされた「ツイングラデーションアイカラー」のパウダーは、指先に取ると丸い紛体に変わる仕組みになっているんだそうです。(“バウンスロールパウダー”と言うのだとか^^)
これにより、目蓋の上でパウダーがするする~と軽~く転がるのでとても塗りやすく、力を込めずに塗らなくて済むから、ふんわりとした仕上がりになるのだとか。

確かにまぶたに限らず目元って皮膚がとても薄いので、力を込めずにカラーを乗せられるのは肌ストレスにならないからいいですよね。
皮膚が薄い割にメイクはがっつり重ねる部位でもあるので、余計な負担は極力減らしたいものです。

「ツイングラデーションアイカラー」サンプルで全カラーをチェック

オルビス「ツイングラデーションアイカラー」

パウダータイプのアイカラーをサンプルパレットでチェックしてみました。(とろみツヤタイプはサンプルがないとのこと。)

今回のリニューアルでそろえられたカラーは全5色。

  • スタイリングベージュ
  • ウォーミングベージュ
  • ブルーミングベージュ
  • ナイトフォレスト
  • オレンジブリック

どのカラーもネットやカタログで見るより色濃く見えますが、口コミでは色味の割に薄付きとのことでした。
実際ちょっと塗ってみたんですが、うん、確かに思ったより薄付きでした。見た目のカラーに惑わされてはいけませんね。

でも、個人的には「ナイトフォレスト」がキレイに思いました。ダークカラーとライトカラーがはっきりと色味が分かれていて、凛とした眼差しに見えるというか(^-^)
私の母親がグリーン系のアイカラーを愛用しているので、今度プレゼントしてみようかな。

ベージュ系のカラーでは、私が使えるのは「ブルーミングベージュ」かなぁ。
目が大きくちょっと出目気味でもあるので、茶系とザ・ベージュ系は劇的に似合わないんですよ。何処か赤味やピンク味がないとダメなんですよね(^^;)
その意味では、とろみツヤタイプの「ピンクメープル」は、茶系・ベージュ系が似合わないという方に使ってみてほしいカラーです。

オルビス「ツイングラデーションアイカラー」のここがイイ②2通りの塗り方で同じカラーでも遊びができる

「ツイングラデーションアイカラー」は、名前の通り2色でキレイなグラデーションができる設計になっていますが、実はライトカラー1色だけで塗るというのもアリ。

2色使いのグラデーションにすると目元に深みが出ます。単色塗りだとナチュラルさと抜け感が出ますね。
機会に合わせてカラーの組み合わせを変えられるのも便利な点です(^-^)b

オルビス「マルチクリームアイカラー」のここがイイ:白すぎないバニラ色が目元を明るく上品に見せてくれる

オルビス「マルチクリームアイカラー」

「マルチクリームアイカラー」は以前に春に出たリニューアル前のブルーを使用していました。
クリームがサラサラに変わる質感が好きでしたし、目元のくすみを取ってキレイにアイカラーを発色してくれるので、ベースがあるとやっぱり違うなー!と思っていたので今回も購入。

ブルーが目元を透明感のある澄んだ肌に見せてくれていたのに対し、「シアーバニラ」は目元を明るく上品に見せてくれるカラーに感じました。
細かく入ったパールがチラチラと輝くので、上品さがより一層出るというか。
真っ白じゃなくて黄み寄りのカラーが肌馴染みも良く、浮いて見えないという点も良かったですね。

>>>オルビス「ツイングラデーションアイカラー」・「マルチクリームアイカラー」

オルビス「ツイングラデーションアイカラー ピンクメープル」(とろみツヤタイプ)をレビュー

オルビス「ツイングラデーションアイカラー」

そして一目惚れカラーの「ピンクメープル」。クリームタイプっていうのがまたイイですね。塗りやすいし、落ちにくいし(*‘ω‘ *)

ネットやカタログで見るともう少し赤味や紫味が強いイメージがあったのですが、実物は割と茶色寄りのカラーでした。
なので、届いたときは正直「あれ、失敗だったか?」と心配になったんですけど、手に取ってみると赤味がちゃんとあって、思っていた通りの発色だったのですぐに安心(^^)

オルビス「ツイングラデーションアイカラー ピンクメープル」

とてもしっとりとした感触で、指に取ってみると結構色濃く感じるんですが、実際に塗ってみると口コミにあったように確かに薄付きでした。特にライトカラーは薄く感じるかな?

うるおいの膜をつくって秋冬の乾燥対策に

ただ単にアイカラーを用意しました、というワケではないのがオルビスさんならでは。
保湿にこだわられているメーカーさんなので、メイクアイテム1つにおいてもそこは徹底されています。

とろみツヤタイプのアイカラーには、“モイストシアヴェール処方”が採用されており、うるおいの膜をつくって空気の乾燥から目元を守ってくれるのだとか。
成分を見てみると、パウダータイプにはない「ヒアルロン酸Na」が配合されていたので、これがその保湿成分に該当するかな?と思います。

「マルチクリームアイカラー」はとろみツヤタイプのアイカラーの下地にもオススメ

ちなみに、「ツイングラデーションアイカラー」のとろみツヤタイプにはベースの「マルチクリームアイカラー」は必要ないそうですが、私はあった方がいいと思うんですよね。
というのも、とろみツヤタイプのライトカラーは、クリームタイプというだけあり、肌に馴染ませるのがちょっと大変。慣れれば問題ないんでしょうけど、最初はやっぱり扱いが難しいと思います。
でも、ベースに「マルチクリームアイカラー」を仕込んでおけば、うまい具合にライトカラーと混ざり合って、すごくキレイにグラデーションが仕上がります。
別にクリームベースの上にクリームカラーを塗っても重くなるわけではないので(「マルチクリームアイカラー」はそもそもサラサラテクスチャに変わるので軽いです)、私的にはこの2つを組み合わせて使うのがオススメですね(^▽^)

>>>オルビス「ツイングラデーションアイカラー」・「マルチクリームアイカラー」

オルビス「ツイングラデーションアイカラー」「マルチクリームアイカラー」のまとめ

オルビス「ツイングラデーションアイカラー」

  • 手に取ると丸い紛体に変わるので塗りやすくふんわり仕上げ
  • ダークカラーとライトカラーを順に重ねるだけで、簡単にキレイなグラデーションができる
  • 「マルチクリームアイカラー」で、目元のくすみが消えて明るくなる
  • 「マルチクリームアイカラー」をベースにすることで、カラーの発色が良くなり、密着度も高まる
  • とろみツヤタイプは数量限定

使い勝手の良さはそのままに、より塗りやすくキレイに発色するようになった「ツイングラデーションアイカラー」。
そして、そのカラーの発色をより高め、肌も美しく見せてくれる「マルチクリームアイカラー」。
普段のメイクに遊び心を加えるなら、リップメイクやアイメイクをちょっと変えてみるのがオススメです。
是非お気に入りの1色を見つけてみてください♪

>>>オルビス「ツイングラデーションアイカラー」・「マルチクリームアイカラー」

オルビス「ツイングラデーションアイカラー」「マルチクリームアイカラー」の口コミは?

リニューアル新発売間もない両アイカラーですが、既に口コミがぞくぞくと挙がってきています。

  • 「ピンクメープル」は程よく赤みがあり、とっても肌馴染みが良いので、目が大きくても悪目立ちしません。しかもクリーム系のテクスチャなので、しっとりとしたツヤが出て、粉浮きもないから、長時間キレイな発色をキープできます。(ピンクメープル/30代前半)
  • 思っていた以上に濃い色だったのですが、瞼に乗せると見た目の色より、パールのせいで薄めに発色。淡色も足すと一重の切れ長の目元がスッキリ見えました 。(ナイトフォレスト/50代前半)
  • 真夏でも涼しげなほど、パールが目立つ濃いベージュです。ブラシ、指のどちらでつけても、綺麗な発色でのびが良いです。(ウォーミングベージュ/40代前半)
  • まぶたがすっと明るく、ほどよいパールが、くすみを目立たなくしてくれます。下地としてもいいですし、メイクを控えめにするときは単体で愛用しています。 (マルチクリームアイカラー/40代後半)
  • 意外にも、実際の目元の方が「薄付き」発色だったので、やり過ぎ感はなくて、自然な仕上がりが良いですね。2色が混ざり合う部分が個人的には美しくて、よいお色かと。(オータムリーブス/40代後半)

まだ発売したばかりなので全カラーの口コミが挙がっているわけではないですが、とろみツヤタイプの2色と、パウダータイプでは「ウォーミングベージュ」と「ナイトフォレスト」が多く挙がっていました。
カタログやネットで見て、特にこの2色が気になった方が多いようですね。

塗りやすさやグラデーションのつくりやすさは以前のものと変わらずで高評価でした。
カラーについてもハマった方にはぴったりハマっているようです。

ただ、カタログやネット、サンプルで見たときの色味と、実際に塗ってみたときの色味の濃さがちょっと違うようで、多くの方が薄付きと仰っていました。
ナチュラルメイクの方は丁度良さそうですが、しっかりメイク派の方は重ね塗りが必要と思われます。

>>>オルビス「ツイングラデーションアイカラー」・「マルチクリームアイカラー」

オルビス「ツイングラデーションアイカラー」「マルチクリームアイカラー」の基本情報

オルビス ツイングラデーションアイカラー
価格:税込¥1100
カラー:全6色

オルビス マルチクリームアイカラー
価格:税込¥880
カラー:シアーバニラ

オルビス「ツイングラデーションアイカラー ピンクメープル」の配合成分

オルビス「ツイングラデーションアイカラー ピンクメープル」

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、マイカ、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、シリカ、スクワラン、タルク、パルミチン酸デキストリン、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、酸化チタン、酸化鉄、ヒアルロン酸Na、トコフェロール、水酸化Al、ジメチコン

公式サイトを見て思ったんですが、とろみツヤタイプは2つともに配合成分がとても少ない!
パウダータイプと比べても1/3くらいしか成分がなくて驚きました。

オルビス「マルチクリームアイカラー」の配合成分

オルビス「マルチクリームアイカラー」

ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ジメチコン、ヒドロキシステアリン酸エチルヘキシル、シリカ、テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル、タルク、セレシン、ポリメタクリル酸メチル、メタクリル酸メチルクロスポリマー、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ヒアルロン酸Na、スクワラン、ハチミツエキス、ワセリン、グリセリン、トリメチルシロキシケイ酸、ポリステアリン酸スクロース、トリエトキシカプリリルシラン、ラウロイルリシン、カルナウバロウ、水、トコフェロール、セスキイソステアリン酸ソルビタン、+/-:酸化チタン、マイカ、酸化スズ、酸化鉄、水酸化Al

>>>オルビス「ツイングラデーションアイカラー」・「マルチクリームアイカラー」

オルビスのアイカラーのレビュー記事