資生堂のアクアレーベルから、新しいスキンケアライン「アクアウェルネス」が登場しましたね(*‘ω‘ *)
まるっとしたボディが印象的で、シンプルなのにとても目を引くのですっごく気になってました!

過去、アクアレーベルは個人的にもとても肌に合っていたので、結構お気に入り♪
というわけで、早速、化粧水・乳液・マルチバームのフルラインをそろえてみました( *´艸`)

まだまだ数少ない口コミ、賛否両論な雰囲気ですが、私的にはめちゃめちゃ良かったので口コミレビューします!

Advertisements

資生堂アクアレーベル「アクアウェルネス」のレビュー

資生堂アクアレーベル「アクアウェルネス」

資生堂アクアレーベルの新ライン「アクアウェルネス」は、乾燥などの肌トラブルを防ぎ、うるおった健やかな肌へと導いてくれるラインだそうです。
素肌力にこだわる”というのがコンセプトになっていて、トラブル知らずの健康的な美肌を目指したい人に!という感じ(*‘ω‘ *)

主成分は「ツバキ種子発酵エキスGL」と「トレハロースGL」。
保湿力の高いツバキと、空気中の水分を吸収するトレハロースで、乾燥知らずになれるというところですね。

また、日本で暮らす肌には日本生まれの素材の成分を、ということで、他にも「さくら」や「オクラ」「お米」といった日本人になじみ深い素材が採用されています。

「アクアウェルネス」化粧水「アクアローション」:とろんとした心地よいテクスチャでうるおいに満ちる。

資生堂アクアレーベル「アクアウェルネス」

化粧水「アクアローション」は、さっぱりタイプとしっとりタイプの2タイプ展開になっているんですが、今回は秋冬の乾燥シーズンに使うということで、しっとりタイプを購入してみました。

テクスチャはわずかにとろみがあり、うっすらと白濁しています。
一応、無着色とのことなので、これは成分由来の白色なのかな(*‘ω‘ *)

資生堂アクアレーベル「アクアウェルネス」

でも、肌に塗布すると、とろみの感じは全然わかんない。すぐにシャバシャバっとした水っぽいテクスチャに変わります。

ぐんぐんと肌に浸透していく感じがあり、あっという間にもっちりとしたうるおいに満ちた肌になれました(*^▽^*)
ベタつく感じはゼロ。何度重ねて付けても重くならないのが不思議。

「アクアウェルネス」乳液「アクアミルク」:ギトギトしないしっとり感でつるすべ肌に。

資生堂アクアレーベル「アクアウェルネス」

朝のスキンケア時は、化粧水のあとにこちらの乳液「アクアミルク」を重ねます。

テクスチャはまんま乳液。久々に使ったな、乳液。(ギトギト感が苦手で^^;)
でも、全然ギトギトしてないし、ベタつきもゼロ。肌ストレスがありません(*‘ω‘ *)
馴染んだ後はつるすべ肌になりますよ~。

ただ、量の調節がちょっと難しいですね。
目安量が”適量”となっているので、自分なりの適量を見つけるのに時間がかかります。

少量でも十分ですが、あんまり少ないと伸びが良いわりに日中ちょっとつっぱる感じがするので、様子を見つつ量を調整するといいと思います。
多くつけすぎちゃったときは、軽くティッシュオフしてからメイクにとりかかると、テカリ防止になるのでオススメですよ~(*‘ω‘ *)

「アクアウェルネス」万能クリーム「マルチアクアバーム」:価格以上の保湿力!ボディにも使えて便利。

資生堂アクアレーベル「アクアウェルネス」

夜のスキンケア時は、化粧水のあとにこちらの「マルチアクアバーム」を重ねていきます。

これ、私的にはかなり衝撃的でした。
バームと名称にはあるのでなんとなーくわかってはいるつもりだったけど、実際手にすると「こんな!?Σ(゚Д゚)」ってなりました(笑)

資生堂アクアレーベル「アクアウェルネス」

もうね、ワックス(笑)
めっちゃソリッドな感じのテクスチャでびっくりしました。

でも塗り広げたらすっごくみずみずしくて、肌を水面につけているかのような感覚になるのが不思議で仕方ない!

資生堂アクアレーベル「アクアウェルネス」

あっという間に肌に馴染むし、ベタつく間もなくサラッサラな肌に仕上がります。
本当に保湿してくれてるの?って心配になるくらい、サラッサラ。何度重ねてもサラッサラ。

そしてこちら、”マルチ”と名付けられているだけあり、ボディクリームとしても使えるとのこと。
私は流石に手足にまでは使ってないけど、マッサージオイル代わりに首筋やデコルテ周りにも使ってみています(*‘ω‘ *)
ボディクリームやオイルよりも軽いテクスチャでベタつかないので、季節を問わず使えますね。

しかもたっぷり100g入って¥1000くらい。
むちゃくちゃ使い勝手良いのにこれは破格!お値段以上の買い物だった( *´艸`)

「アクアウェルネス」を約ひと月使ってみた感想

資生堂アクアレーベル「アクアウェルネス」

「アクアウェルネス」の3点をライン使いしてみてそろそろひと月が経とうとしているのですが。
一番に思うのは、「そういえば肌トラブルが全然起きない」ということ。

大抵、月経前とか便秘とかすると肌トラブルが起きるし、秋から冬の季節の変わり目だから乾燥もしがちなんだけど、「アクアウェルネス」を使い始めてからはそういうトラブルが一切起きていません
ニキビや吹き出物もまったくできないし、乾燥ももちろんしてない(*‘ω‘ *)
揺るがない”健やかな肌”がずーっとキープされていて、コンセプトである”素肌力”っていうのがかなり高まっているのを実感できています。

私の肌はもともと「トレハロース」と相性が良いのもあるにはあるけど、それにしても肌トラブルが本当に微塵も起きない。
鏡を見るたび、肌の調子の良さが窺えて、なんだか心まで明るくなってきた気がします(*^▽^*)

まぁでも、肌トラブルは確かに起きないんですが、開ききっていた毛穴が閉じた!とか、シワがなくなった!とかいうのはあんまり感じないかなぁ(´-ω-`)
毛穴やシワといった肌悩みの改善は、長いこと継続して使用してみないと何とも言えないかも。

取りあえずは、トラブルの起きない健やかな肌という土台を築くことができるという点で、高評価したいと思います°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

「アクアウェルネス」、ぶっちゃけ「アクアレーベル」の他のラインと比べてどう?

資生堂アクアレーベル「アクアウェルネス」

アクアレーベルのシリーズは私も結構気に入っていて、過去に何度か使ったことがあります。

資生堂「アクアレーベル スペシャルジェルクリーム(モイスト)」

たとえば保湿力が高くて気に入っていた「スペシャルジェルクリーム(モイスト)」。
こちらはオールインワンのジェルクリームだったんですけど、肌が水に浸かっているんじゃないかって錯覚しちゃうくらい、すっごくみずみずしい付け心地でした。
オールインワンも何個か使ったことあるけど、その中でも私的には1・2を争う逸品ですね(*‘ω‘ *)

それから、うっかりレビューし損ねてるけど、美白タイプの「スペシャルジェルクリームホワイト」もなかなか良かったですよ~。

資生堂アクアレーベル「スペシャルジェルクリームホワイト」

こちらもオールインワンタイプなんですが、「スペシャルジェルクリーム(モイスト)」よりはクリームに近いテクスチャでした。
とろ~んとしたテクスチャが気持ち良かったです。美白アイテムだけどキシキシしないし、ちゃんと保湿力も高かった(*‘ω‘ *)

と、まぁオールインワンばかりだけど、それらと比べて「アクアウェルネス」はどうか?ってことなんですが。

個人的には、継続して使っていくなら、断然「アクアウェルネス」です!
やっぱり、肌トラブルが一切起きないというのが大きい。キレイな肌をキープできているというのが、心身ともにストレスから解放されたような気持ちなんですよね。

健康的な素肌という土台がしっかり作られてキープされていけば、毛穴とかシワといった肌悩みも自然と改善されてくるんじゃないかと期待も高まります(*‘ω‘ *)

そして3点そろえてもアンダー¥5000という超リーズナブルな価格!(詰替え用ならなんとアンダー¥4000!)
価格以上の効果価値があるという点でも、アクアレーベルの中でも一番と言いたいです(*^▽^*)

「アクアウェルネス」の基本情報

資生堂アクアレーベル「アクアウェルネス」

資生堂 アクアレーベル アクアウェルネス

  • アクアローション(化粧水)
    価格:税込¥1496(資生堂watashi+価格)
    内容量:220mL
    詰替え:有(税込¥1210)
    ※さっぱりタイプ、しっとりタイプの2タイプ展開
  • アクアミルク(乳液)
    価格:税込¥1683(資生堂watashi+価格)
    内容量:145mL
    詰替え:有(税込¥1353)
    ※1タイプのみ
  • マルチアクアバーム
    価格:税込¥1078(資生堂watashi+価格)
    内容量:100g
    詰替え:なし

数量限定で、「アクアローション」と「アクアミルク」は半分量が入ったトライアルも販売されています。(価格も半分!)
それぞれボトルは現品サイズなので、トライアル量を使い切った後もそのまま使えるので便利!

「アクアウェルネス」の配合成分

資生堂アクアレーベル「アクアウェルネス」

アクアウェルネス「アクアローション」(しっとりタイプ)

水,BG,グリセリン,DPG,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,PEG/PPG-17/4ジメチルエーテル,PEG-60水添ヒマシ油,エリスリトール,キサンタンガム,トレハロース,グルタミン酸,ラベンダー油,オクラ果実エキス,ヒアルロン酸Na,アスペルギルス/ツバキ種子発酵エキス液,メチオニン,加水分解コメエキス,イソステアリン酸,水添ポリデセン,クエン酸Na,ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2,メタリン酸Na,クエン酸,ピロ亜硫酸Na,アラニン,ソメイヨシノ葉エキス,トコフェロール,フェノキシエタノール

資生堂アクアレーベル「アクアウェルネス」

 

アクアウェルネス「アクアミルク」(しっとりタイプ)

水,BG,グリセリン,DPG,水添ポリデセン,イソステアリン酸PEG-60グリセリル,ジメチコン,テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,PEG/PPG-17/4ジメチルエーテル,トレハロース,ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル),グルタミン酸,ラベンダー油,オクラ果実エキス,ヒアルロン酸Na,メチオニン,アスペルギルス/ツバキ種子発酵エキス液,加水分解コメエキス,水添パーム油,ステアリン酸PEG-5グリセリル,ベヘニルアルコール,パーム核油,パーム油,バチルアルコール,カルボマー,BHT,水酸化K,メタリン酸Na,ピロ亜硫酸Na,アラニン,トコフェロール,クエン酸,ソメイヨシノ葉エキス,フェノキシエタノール

資生堂アクアレーベル「アクアウェルネス」

アクアウェルネス「マルチアクアバーム」

水,DPG,BG,グリセリン,アクリレーツクロスポリマー-2-Na,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,キサンタンガム,トレハロース,グルタミン酸,ラベンダー油,オクラ果実エキス,アセチルヒアルロン酸Na,ヒアルロン酸Na,アスペルギルス/ツバキ種子発酵エキス液,メチオニン,ホホバ種子油,加水分解コメエキス,カルボマーNa,シリカ,PPG-13デシルテトラデセス-24,クエン酸Na,クエン酸,ピロ亜硫酸Na,EDTA-2Na,アラニン,トコフェロール,ソメイヨシノ葉エキス,フェノキシエタノール,クロルフェネシン

成分を見ると、ツバキとかラベンダーとか、良い香りのしそうな成分が入っていますが、一応すべてのアイテムにおいて無香料となっています。
その他、パラベンフリー、アルコールフリー、鉱物油フリー、無着色でもあるので、肌には優しい設計ですね(*‘ω‘ *)