先日、資生堂ベネフィークの高保湿美容液「ハイドロジーニアス」のサンプルに当選し、コスメショップで頂いて参りました。
いつもは郵送されてくるサンプルが多いんですけど、コスメショップに取りに行くというのはなかなかない経験だったので、美容部門の店員さんにお話も聞けたのは良い機会でした(^-^)

いつもながら、ベネフィークはサンプルでもブランドのイメージを壊さないお洒落なボトルデザインになっていますよね。
サンプルパウチで頂けるのかと思っていたんですけど、持ち歩くのにも良いサイズのボトルでした。

>>>資生堂ベネフィーク公式サイト

Advertisements

資生堂ベネフィーク「ハイドロジーニアス高保湿美容液」のここがスゴイ①血管を修復して肌を内側から温める

資生堂ベネフィーク「ハイドロジーニアス高保湿美容液」

「ハイドロジーニアス」の最大の特長は、”肌を内側から温める”ということなんだそう。
温活美容なんて言葉が一時期流行しましたが、こちらはどのようにして肌を温めてくれているのでしょうか。
テクスチャがほわっと温かいのかな?それとも発熱作用でもあるのでしょうか。

実はそのどちらでもありません。
正解は、「血管を修復する」ことで肌を内側から温めているんです!

美容液が血管を修復する?って、なんだか不思議な感じがしますよね(^-^)
私もベネフィークの公式サイトで確認しただけではよく判らなかったのですが、コスメショップの店員さんに説明を受けて「なるほど!」と思えました。

血管を修復すると言っても、血管が破れてしまっていたりするわけではないのでちょっとイメージが違いますが、
要は血流を促して毛細血管の老化を防ぐ効果があるということです。
これには「ケイヒエキス」という成分が作用しているようなのですが、血流が促されると身体の内側からぽかぽかになり、冷えが改善されます。
見た目にはわからない効果ですが、実際に「ハイドロジーニアス」を肌に塗ってみると、塗ったところが少しぽわっと温かくなってくるのを感じることが出来ました。

資生堂ベネフィーク「ハイドロジーニアス高保湿美容液」

コスメショップで店員さんに手の甲につけて頂いて、その後外に出たのですが、冷えた外気に当たると「ハイドロジーニアス」を塗った部分が確かに温かいことを実感しました。
私冷え性なのですぐに手が冷たくなって色も悪くなるのですが、しばらくの間は外にいても血色が悪くなったり冷た~くなったりすることがなかったです。
目には見えないけど血流が促されていたからなんだろうなと思いました。

気温の低下で引き起こされる「肌冷えギャップ」

資生堂ベネフィークが着目しているのは「肌温度」。
外気と肌の表面温度の関係に迫っており、肌が外気に揺らがないように整えてくれるアイテムが揃っています。

これから冬に向かって寒くなってくる季節は、冷たい空気に肌が冷やされ、体温と肌表面の温度差は14℃以上にもなると言われています。
この温度差のある肌状態のことを「肌冷えギャップ」とベネフィークでは名付けられています。

資生堂ベネフィーク「ハイドロジーニアス高保湿美容液」

「肌冷えギャップ」が起こると、冷えた肌は血流が悪くなり、様々な肌トラブルを引き起こします。
肌の水分が失われることでハリや弾力が低下し、シワが目立つようになり、たるみの発生、毛穴も広がります。
バリア機能も乱れ、ピリピリと傷みも伴う乾燥肌に陥ってしまう危険性もあるのです。
ヒトは身体が冷えると色々な障害が出てきますが、肌も同じように冷えると色々なトラブルが起きてしまうんですね。
冷えってホント厄介だ!

冷える時期のスキンケアは、乾燥防止のための保湿重視ももちろん大事ですが、肌そのものを冷やさないようにするということも大事になります。
そうして生まれたのが、このベネフィークの高保湿美容液「ハイドロジーニアス」なんです。

資生堂ベネフィーク「ハイドロジーニアス高保湿美容液」のここがスゴイ②超微細カプセルで構成されている

資生堂ベネフィーク「ハイドロジーニアス高保湿美容液」

効果がすぐに感じられるようになるのにもヒミツがあります。
それは、美容液を構成している成分が、超微細なカプセルで出来ているという点にあるんです(^-^)
なんと、極小と言われている「ナノ」のさらに1/1000のサイズである「ピコ」サイズのカプセルで構成されているんです!
そのため、肌への浸透がとても早く、塗ったそばから肌へ吸い込まれていくような感じがありました。

資生堂ベネフィーク「ハイドロジーニアス高保湿美容液」

高保湿と銘打っている割にベタつきはまったくなく、サラッとしていて、驚くほど馴染みが良いです。
それなのに肌がしっとりとうるおいに満ちて、一日中肌の乾きを覚えません。この辺りは確かに高保湿です。
特に朝のスキンケア時、冷えた肌が内側から温められてうるおうので、肌がつるつるになり、メイク乗りがとても良くなるんですよね。

乾燥を感じないのは、「長命草エキス」によるのだそうです。
この成分は遺伝子レベルで肌の乾燥を回復するので、肌の本能が乾燥することを忘れるという効果があるのだとか!
肌が乾くのを忘れるって…肌が一日中お風呂場にいるようなもんですよね(^-^)

資生堂ベネフィーク「ハイドロジーニアス高保湿美容液」を使ってみての感想

資生堂ベネフィーク「ハイドロジーニアス高保湿美容液」

今回頂いたサンプルは、朝晩使って7日分くらいの量(7ml)でしたが、たった一週間でも肌の調子が随分と良くなったように感じました。
というのも、丁度使っていた時期が月経の来る一週間前くらいで、肌の調子が悪くなり始めていたんですよね。
ところが、「ハイドロジーニアス」を使い始めた途端、肌トラブルがピタッと止まって、月経前とは思えない肌ツヤを維持できていたんです。
月経前にこんなに肌がつるつるになるなんて本当にないことだったので、とても感動していました(^-^)

余談ですが、今回のサンプルのボトルは実はガラス製。
サンプルパウチでもなければプラスチックボトルでもないというこだわりようです。
「ハイドロジーニアス」本品もすごく凝ったデザインのボトルなので、サンプルも気合が入っていますね(^-^)

イイ美容液は高浸透・高保湿なものが多いですが、その中でもこの「ハイドロジーニアス」は群を抜いて高浸透だったと思います。
肌もつるつるになるし、乾燥もしないし、いいこと尽くめでした。

気になっていた方、是非使ってみてください!
ショップ店頭で美容部門の店員さんに声をかけて、手に少しつけてもらうだけでもしてみて頂きたいです(^▽^)

>>>資生堂ベネフィーク公式サイト

資生堂ベネフィークのレビュー記事

導入液・美容液のレビュー記事